マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< フイルム一眼 | ブログTOPへ | 三菱重工熊本航空機製作所引込線 >>

ハンディGPS

 写真左側のものが今回紹介するハンディGPSで、GARMIN社製のGPS3というモデルです。7、8年ほど前にカナダのバンクーバーにあるマリン用品店で購入しました。当時この手のGPSは国内であまり販売されておらず、またWeb上でも情報は今のようにはありませんでした。で、買ったのはいいのですが、もちろんマニュアルは英文ですので結構苦労して取扱いを覚えた記憶があります(笑)。購入の目的はバイクでのナビゲーションと走行軌跡の記録でした。OFFバイク乗りの人なら、ツーリング先で目的の林道の入口を見つけられずに四苦八苦したことがあると思います。GPSがあれば、分かりにくい分岐や目的地などをあらかじめポイントとして記録しておけばナビゲートしてくれます。また、走行した軌跡を記録してくれているので、データをパソコンに取り込んでデジタルMap上に表示もできます。家に帰ってからツーリングで走った軌跡を眺めるのも楽しいものです。(写真右下は現在使用中のカシオの防水携帯電話)

GPS

このGPSは報告書「深水発電所」「内大臣森林鉄・道鴨猪谷支線」で山間部の探索で大活躍してくれました。初めて歩く道なき山の中などでは、自分の現在地と目的地の方角がハッキリ分かるのは大変心強いものです。しかし、GPSは万能ではありません。谷間などの空が極端に狭くなる場所では人工衛星を捕捉できず、時として正確に機能しませんし、電池が切れればただの箱です。探索には同時に1/25000地形図とコンパスの携行が必須だと思います。

 ハンディGPSを便利に使うには、パソコンとデジタルMap、それからカシミールというソフトがオススメです。カシミールはGPSのポイントや軌跡のデータの管理、ルートの作成・管理などから、地図上で3Dに景観を再現したりなどフリーソフトとは思えない高性能・多機能ぶりです。
 現在は詳細な地図を内蔵した日本語表示のGPSも多数販売されていますので、使い方にあった機種を手軽に購入できると思います。最新のモデルはカラー表示や詳細地図の取り込みが可能になったりと、進化ぶりには驚くばかりです。そろそろ買い換えたくもなるのですが、なかなか…(笑)。
機材紹介 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会