マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 緑川発電所跡 | ブログTOPへ | 内大臣森林鉄道鴨猪谷支線未踏査区間 >>

鮎帰発電所跡

 廃発電所が続いたついでにもう一つ。以前掲示板でも紹介しましたが、熊本県で最古の水力発電所が奇跡的にも現存しています。熊本県八代市(旧・坂本村)にある鮎帰発電所です。この発電所は当サイトでも紹介している旧・坂本村にあった製紙工場(九州製紙) 付属の発電所で、1909年(明治42年)に竣工しており、やがて100年たとうとしています。出力は最大408kwと小さなものでしたが、近くにある深水発電所と共に昭和63年の工場閉鎖まで発電をしていました。

鮎帰発電所跡全体

 発電所なのに木造というのも面白いですが、よく見てみると細かなところに装飾が施されて凝った造りになっています。

 まず、すぐに目に付くのは屋根の上の飾りです。建物の入り口は車寄せになっているのですが、その小さな屋根にも同じ様に飾りがあります。また窓枠にもシンプルながらデザインが施されています。

鮎帰発電所 屋根飾り

 実はこの廃発電所、他の廃発電所にないスゴイ特徴があります。なんと建物の内部には、建設当時の発電機や水車などがそのまま残っているのです。なにもかもが100年前と変わらず残っているという点では、とても貴重な文化財にならないでしょうか。廃止になって20年近くなりますが、よくぞ残っていたものです。しかしこの先、将来にわたり保存していくためには、何かしらの活用方法を見つけなければいけないと思います。

鮎帰発電所 表札

現在、この鮎帰発電所は深水発電所と共に、日本製紙株式会社の所有になっています。
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会