マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< コンパクトデジカメ+防水 | ブログTOPへ | デジタル一眼レフカメラ >>

熊延鉄道遺構

 熊延鉄道は熊本市内のJR南熊本駅を始点とし、大正4年から宮崎県延岡市を目指しレールを伸ばしていきました。しかし昭和7年に熊本県砥用町(現・美里町)に到達した時点で建設はストップ。以後、非電化のローカル私鉄として熊本市から嘉島町・御船町・甲佐町・砥用町の1市4町を結んでいましたが、モータリゼーションによる経営悪化で昭和39年に廃線になります。

 美里町は、九州山地の北側に位置する町で山と深い谷が多く、熊延鉄道はその谷間を縫うように走っていたので数多くの遺構が残されています。その中でも面白いのが、この八角形のトンネル?のような構造物です。

八角形のトンネル

 狭く深い切り通しに造られているコンクリートの構造物で、トンネルのように見えますが、一つ一つ独立した八角形が等間隔に並んでいるものです。おそらく切り通しの両側の崖が崩れるのを防ぐ目的の構造物ではないのでしょうか。現場で観察すると両側の崖をコンクリートで結んで支えているように見えます。しかし、こんなことをするなら切り通しにせず、トンネルにしてしまったほうが良かったのでは?とも思えます。このような構造物は、私は初めて見ましたが他にあるのでしょうか。

 さてこの八角形トンネルをくぐって、2〜300mほど廃線跡の砂利道を進むと行き止まりになります。その行き止まりの先の谷底には川が流れており、そこを渡るための橋の橋脚だけが4本残っていました。

橋脚

 この熊延鉄道の廃線跡を、小分けに見て回っているのですが、大きな遺構は美里町にしか残っていないようですね。熊本市側にも何か見つけることができると面白いのですが、まだまだこれからです。ちなみに熊延鉄道株式会社は、鉄道業廃止後に「熊本バス株式会社」と社名変更し存続しています。
遺産探訪/鉄道・橋梁関連 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

※上の投稿は失敗ですので削除願います。

おおっ!
って、一瞬珍しいトンネルかと思ったら、構造物なんですね。
 
>落石防止と思われる。
私もその様な気がします。
でも、そのコンクリート構造物とそれの間から石は入ってこないんでしょうかね。

あと、下の写真は、橋梁跡でしょうか。
かっきー | 2006/08/21 9:30 AM
>落石防止と思われる。

???どこにも書いてませんよ???
落石を防ぐ機能はあまりないような構造でした。

それから一番下の写真は橋梁跡(ガーター橋)の橋脚部分です。林(藪)の中にそびえ立つ姿は、ちょっと不思議な感じがしますね。
ゴン太@管理人 | 2006/08/21 11:14 AM
>かっきーさん

一番上の書き込みは削除いたしました。
ゴン太@管理人 | 2006/08/22 12:21 AM
いやー、スバラシイHPです。感動しました。

実は先日砥用駅(跡)を探してみたのですが、駅すら見つけられない能なしでした(涙)

グーグルの衛星写真でアタリをつけたので
再挑戦してきます。
↑の八角形も見てみたいなぁ、、どの辺ですかね??
ごんた | 2006/09/16 2:20 PM
>ごんたさん

ようこそおいでくださいました。

砥用駅は私も随分迷いました。「砥用の商店街付近にあり、熊本バスの詰め所として現在も建物が残っている」という情報を元に探してみたのですが発見できず。結局役場に行き、駅の場所を教えてもらいました。既に駅だった建物は取り壊されて基礎のコンクリートだけが残っており、その上にプレハブの熊本バス詰め所が建てられていました。

八角形のトンネルは…
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=32%2F37%2F19.748&lon=130%2F49%2F2.517&layer=1&ac=43348&mode=map&size=s&pointer=on&sc=3
甲佐町から美里町(旧中央町)へ向かう国道443号が、松橋から山都町へ向かう国道218号へと突き当たる付近にあります。甲佐町から向かうと、国道443号が218号に出会う少し手前にある小さな交差点を左折します。すると上記URLの地図にあるポイントへ出ますが、そこからは地図には記載されていない砂利道が左手に延びています。その砂利道が熊延鉄道の軌道跡です。2〜300m進むと八角形のトンネルにたどり着けますよ。
ゴン太@管理人 | 2006/09/16 9:53 PM
おお、ありがとうございます。
実は、この辺にトンネルらしきものがあると聞いて、行ってはみたのですが何も発見できなかったんですよ。こんどは、駅も含めじっくり見つけてみたいと思います。

ごんた | 2006/09/19 8:29 AM
私は熊延鉄道の最後を砥用より見送ったひとりです。当時は小学6年生でした。砥用にもこれ以上の関連遺跡はないですね、よくまあ調べましたねー!
樹々 | 2009/06/11 11:32 AM
>樹々

レス、遅れて申し訳ございません。
熊延鉄道の最後をご覧になったとは羨ましい!

>砥用にもこれ以上の関連遺跡はないですね

いやいや。規模は大きくないのですがスゴイ遺構をまだ紹介していません。そのうち紹介します!
ゴン太@管理人 | 2009/06/16 12:21 AM
なんか、不思議な形のトンネルでスターウォーズのワンシーンに出てきそうな感じがする。
テル | 2015/06/15 9:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会