マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 書籍「九州遺産」 | ブログTOPへ | 花房飛行場跡 >>

円形分水

 産業遺産ではないのですが、面白いと思ったので紹介します。熊本県山都町にある農業用水の現役施設なのですが、見たまんまの“円形分水”というものです。200mほど離れたところから取水された水は、コンクリートで作られた直径6mの円筒の中心から勢いよく沸きあがり、周囲の溝に流れ落ちています。円形分水の意味を知らないと、ちょっと不思議なモノに見えるのではないでしょうか。

円形分水

 この円形分水は外側を囲む溝に仕切り板が2枚入っており、円筒から流れ出た水を7:3の比率で分け2方向の用水へ流しています。円形分水は水を平等にわかりやすく配分するために考えられた構造で、一見して円グラフのように比率を見ることができる仕組みになっています。大分県竹田市にも3分配の円形分水「音無井路十二号分水」があります。

 分水の比率は流域の耕作面積などにより決定され、7:3の7割の方は国重要文化財の通潤橋がある通潤用水に流れています。通潤用水自体は1857年に完成していますが、この円形分水は昭和31年に野尻用水への分水を行うために作られたものです。現在、周辺が公園化されており、案内板などの設置もされていました。円形分水、じっと見ていると円筒の真ん中に飛び込みたくなりました(笑)。
遺産探訪/その他 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

熊本にもあるのですね。円筒分水。 笑
私の住んでいる川崎にもありますよ。
二ヶ領用水という農業用水に設置されているのです。
詳しくは↓を。
http://www.city.kawasaki.jp/88/88bunka/home/top/stop/zukan/z0036.htm

円筒分水が設置されたあたりは、昔から水争いが色々とあったようで、この施設を設置して、農業用水の均等分配が可能になったとか。。。
水争いや堤防の対岸に住む人同士というのは、なかなか熾烈な歴史を持っていることがありますよね。。
ずんさま | 2006/11/03 7:23 AM
ここは何度も行きました。通潤橋が造られたころからあったのかと思ってたら、案外新しいんですよね。

ここから川沿いにある小道を散歩するのが
気持ちいいです。


ごんた | 2006/11/03 10:03 AM
おお!実は10月に、小学4年の娘が社会科見学で
みてきたばかりですw
熊本の水を考えるということで、水源とかいろんな
所に行っているみたいです。11月の学習発表会で
発表するらしいですよwww
EMANON | 2006/11/03 10:25 AM
>ずんさまさん

おお。川崎にもあるんですね。
“円筒”分水とあるのが気になってググってみたら円筒分水という呼び方がポピュラーなんですね。円形分水と呼ばれているのは九州の2箇所だけみたい。しかしこの手の施設、意外と全国に存在しているものなんですね。
ところでビッグサイトでのフォーラムはどうでしたか?

>ごんたさん
さすがごんたさん。いろんなところに行かれていますね。
確かに散歩によさそうな道が川沿いに続いていました。こんど行ったら歩いてみます。

>EMANONさん
社会科見学で見るにはいい題材かもしれませんね。
私は子供の頃の社会科見学は大好きでした。よく考えてみると今私がやっていることも“社会科見学”の延長のような感じがします(笑)。娘さんの学習発表会、楽しみですね。
ゴン太@管理人 | 2006/11/04 6:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会