マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 円形分水 | ブログTOPへ | 三井田川炭鉱 >>

花房飛行場跡

 熊本県菊池市(旧泗水町)に終戦時まであった花房飛行場跡に行ってきました。この飛行場は昭和10年から軍用飛行場として建設が始められ、昭和15年の完成後には陸軍飛行学校も開設されました。その後は多くの飛行部隊が駐屯すことになりますが、終戦も近い昭和20年5月14日に米軍機の爆撃にあい、隣接する陸軍航空通信学校とあわせ36名の犠牲者が出ました。その当時の弾痕を持つ遺構がまだ多く残されています。

格納庫の基礎

 写真左手に並ぶ三角形のような形のものが、飛行機の格納庫の基礎です。コンクリート製の基礎だけが残っているのですが、車と比較してもかなり大きなものです。数十メートル離れた場所にも対になるように同じ基礎が残されています。

格納庫の予想復元図

残っている基礎を元に勝手な想像で格納庫の復元図を描いてみました。矢印で指しているのが基礎です。右端に写っているアパートと比べて、かなり大きなものと思われます。

弾薬庫

 すぐ近くには弾薬庫の建物があります。終戦後に入植者の住宅として使われたとのことで、建物の一部には住居として使われた痕跡が残っていますが、現在は使われていないようです。しかし弾薬庫という性格上小さな窓しかないので、住宅には使いづらかったのではないでしょうか。

高架水槽

 花房飛行場跡の最大の遺構は、この高架水槽だと思います。右隣の2階建ての住宅と比較するとその大きさがわかると思います。この水槽には弾痕がはっきり残っていて、当時の銃撃の激しさが分かります。

 他にも油倉庫や格納庫基礎、部隊営門の門柱などが点々と住宅地の中に残っています。普段の生活で戦争を意識することはありませんが、こうして形として残っている遺構は、戦争の悲惨さを伝え考えさせるには十分な力を持っていると感じました。高架水槽(地図)の直下には花房飛行場全体の地図と説明が書かれた案内板が設置されています。
遺産探訪/戦争関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

予想復元図、、なんだか水前寺体育館を思い出してしまいました。。。
水前寺体育館が、まだスポーツ施設として
かりられた頃、運動もせず隅々まで探検してました。とくに舞台裏に放置してあった放送施設?どでかい真空管とか、、

ん大きくトピズレしちゃいました。すんません。
ごんた | 2006/11/06 9:27 AM
>ごんたさん

水前寺体育館…、すごく懐かしいです。いわれてみればそんな形でしたね。私は何度か行った事があるのですが、ただただボロイ印象しか残っていません(笑)。
ゴン太@管理人 | 2006/11/07 12:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会