マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 三井三池炭鉱宮原坑 | ブログTOPへ | 旧長崎刑務所 >>

針尾送信所無線塔

 長崎県佐世保市のハウステンボス(テーマパーク)近くに、3本の巨大な塔がそびえ建っています。遠くからでも目立つその塔は、旧日本海軍が大正11年に建造した無線送信所のアンテナの一部です。

針尾送信所 無線塔

 3本の塔は鉄筋コンクリート造で、高さが135〜137mにもなります。塔は約300mの間隔で正三角形に配置され、当時それぞれの塔の先端をアンテナになるケーブルが結んでいました。現在、長距離通信には人工衛星などが利用できますが、当時の長距離通信は長波を利用したものでした。長波は文字通りに波長が大変長い(数百m〜数km)ためにアンテナも巨大なものが必要で、このような施設が造られたわけです。

 現在これらの3本の塔の中心には、佐世保海上保安部の送信所があります。戦後の一時期にはこの無線塔も海上保安部で使用されていたようですが、現在は使用されていません。3本のうち2本は根元まで行けるようで、うち1本は民有地の畑の中にあり「無線塔→」と書かれた小さな手作りの看板が周辺に複数あったので簡単にたどり着くことができました。下の写真が塔の根元。中央に抱きつく私が写っているのがわかるでしょうか。

針尾送信所 無線塔

 130数mを支える根元の部分の直径は12m。遠くからみると電柱と大して変わらないようにも思えますがさすがに太いです。真下から塔を見上ると、どんな形の建物かよくわかりません(笑)。

 ところで近くまで行って驚かされることがあります。コンクリートの表面がとても美しく、ひびの一つも見つけることができないのです。表面のきめも細かく、とても大正11年に造られたようには感じられません。

針尾送信所 無線塔のアップ

 表面に型枠の板の跡が残っていますが、大変滑らかな仕上がりになっているのが上の写真で分かると思います。写真中央にある四角い穴は、塔に数箇所ある明り取りの窓のようです。塔の内部は空洞になっており、メンテナンス用のための梯子があります。130mの梯子とは考えただけでもゾッとしますね。

塔の入り口

 この針尾送信所は太平洋戦争開戦の出撃命令である「ニイタカヤマノボレ」を発信した送信所のひとつとしても知られています。単に大正期の鉄筋コンクリート建築物としてだけでなく、歴史的な戦争遺産としても考えられるこの送信塔ですが、現在佐世保市では保存か解体かで議論が交わされているそうです。

関連サイト : 建築マップ > 針尾送信所無線塔
遺産探訪/戦争関連 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

>3本のうち2本の塔は海上保安部の敷地内にあるので近づくことはできませんが、1本は民有地の畑の中にあり根元まで行くことができます。

私は2本の根元に行きましたよ。2002年のことです。たぶん、今も行けると思います。どちらもミカン畑。残る1本は未探索です。下記に私のレポートをアップしています。
http://www.archi-map.net/%7etks_design/jp_nagasaki/hario.html

そういえば新西海橋が開通しましたね。そのうち、橋の上からの写真を撮りに行こうかな。
tks | 2006/11/20 12:23 AM
>tksさん

ご指摘ありがとうございます。レポート拝読しましたが、確かにtksさんが行かれた塔と私が行った塔は別のようですね。ご指摘の部分を訂正しておきます。もしかして3本とも根元までいけるのかもしれませんね。

今度近くまでいくことがあれば、私も海を入れた無線塔の写真を撮影したいと思っていましたが、新西海橋からだといい写真が撮れそうですね。
ゴン太@管理人 | 2006/11/20 1:12 AM
スバラシイ、、
オイラのツボをつく
興味深い記事ばかりで感動です
GON太さんの後を追いかけに
行ってみたいとこばかりが増えていきますよ


にしても昔の宮崎アニメに出てきそうな
塔ですね、、

ごんた | 2006/11/20 9:09 AM
>確かにtksさんが行かれた塔と私が行った塔は別のようですね。

確認しましょうか。現地をGoogleマップの航空写真モードで見ますと、逆三角形に並んでいますよね。私は右上と左上の塔に到達できました。中央下は時間切れのため未探索です。
tks | 2006/11/20 10:01 PM
あぁ〜〜〜!ハウステンボス出張で、帰りに空港に行く船から見えた送信塔!
ハウステンボスよりも送信塔に行きたかったです! 涙
この高さが建設当時の高さの限界だったとか聞いたキオクが。。。
でも、凄い〜〜〜〜
よくやった!大正人っ!!! 笑
ずんさま | 2006/11/21 12:36 AM
>ごんたさん

是非出かけてみてください。ハウステンボスに家族で行って、帰りに寄ってみるのもいいかも?です(笑)。

>tksさん

Googleマップで確認しました。私が行ったのは左上の1本です。ということは南側の1本は私もtksさんも行っていないことになりますね。でもGoogleマップで見てみるとなんだか行けそうな感じがしますね。

私は海上保安庁の送信所の門まで行きましたが、その門の先に2本が見えていたために「敷地内に2本が建っている」と錯覚したようです。実際は敷地の向こう側にあったわけですね。

>ずんさまさん

建設当時の限界!といっても137mって十分すごいですよね。よく考えたらどうやって作ったんでしょう。やっぱり足場を137mまで組んだのでしょうか。

それにしても“ハウステンボス出張”ってのも魅力的ですね(笑)。
ゴン太@管理人 | 2006/11/21 2:18 AM
>今度近くまでいくことがあれば、私も海を入れた無線塔の写真を撮影したいと思っていましたが、新西海橋からだといい写真が撮れそうですね。

新西海橋のすぐ西の漁港が絶好の撮影ポイントです。掲示板に写真を貼っておきます。
tks | 2006/11/23 8:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会