マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 筑後川昇開橋 | ブログTOPへ | 轟橋(とどろばし) >>

丹賀砲塔砲台

 九州と四国の間にある豊後水道の中で、最も水路が狭い部分に豊予海峡があります。この海峡に面した地域には明治から終戦までに、敵艦の侵入や攻撃に対抗するための砲台や堡塁などの要塞が数多く作られました。その中のひとつが大分県佐伯市鶴見にある丹賀砲塔砲台です。写真中央の丘の上にある銀色のドームが砲台跡。

山上の銀色のドームが砲台跡

 丹賀砲塔砲台は大正15年(昭和2年という説もあり)に起工。当時の技術では難工事だったといい、竣工したのは昭和6年でした。砲台に収まったのは、なんと巡洋艦の後部主砲。大正12年に廃艦となった巡洋艦「伊吹」のもので、口径30センチの二連装砲塔、射距離は26800メートルあったと記録されています。下の写真が砲塔の内部です。

丹賀砲塔砲台

 対米英関係が緊迫する中、昭和17年になり実弾試射をすることになります。しかしその日の試射の最後の1発が暴発。砲室内にいた16名全員が即死し、周囲の施設にいた28名が重軽傷を負うという大事故になりました。砲塔内部のコンクリート壁に残る深い傷跡が、その爆発の激しさを表しています。この事故により丹賀砲塔は、敵艦に向かって1回も砲弾を発射することなくその役目を終えることになりました。

丹賀砲塔の入口

 現在は“ミュージアムパーク・丹賀”の一部として一般に公開されています。上写真の右手が砲台入口、左手奥が弾薬庫の入口。砲台入口からは急角度の斜坑になっており、階段と併設されたケーブルカーに乗って砲台直下まで昇って行くことができます。

丹賀砲塔内部

 砲台直下の地下には動力室や冷却室などの各施設ごとに部屋が作られています。現在は機器類は全く残っていませんが、パネルによる説明や展示がされていました。丹賀砲塔砲台の周辺には鶴見崎要塞群と呼ばれるトーチカや小規模の砲台が多数残されています。岬からの眺めは大変美しいものですが、点在するコンクリートの遺構がかつての軍事的要所だったことを物語っています。
遺産探訪/戦争関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会