マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 轟橋(とどろばし) | ブログTOPへ | 第一白川橋梁 >>

鯛生金山

 大分県日田市(旧・中津江村)にある鯛生金山は、一般観光客が坑道に入ることができる九州では数少ない(他にあったかな?)観光鉱山です。

鯛生金山主坑道

 鯛生金山は明治27年くらいに、この地を訪れた魚の行商人が金鉱石を見つけたことが始まりとされ、明治31年には鯛生野鉱山として採掘が開始されました。大正7年に英国人ハンス・ハンターが経営権を取得し、鯛生金山株式会社として近代的操業を開始します(ハンターは後に大分県の見立鉱山の経営も手がけています)。大正13年に、日本人の手へ経営権が戻った後も金山は増産を続け、それに伴い規模も拡大していきました。

 昭和8年〜13年までが最盛期だったようで従業員数は約3000名、その家族などや関係者を合わせると1万人を超え、深い山間部に一大都市が形成されたそうです。社宅も鯛生側に500戸、福岡県矢部村側に500戸あり、配給所には日用品の他に、都会でも手に入りにくい高級品なども並び大盛況だったといいます。太平洋戦争が始まると、国策として金銀鉱山の休止政策がとられることになります。資材・機器・要員などは、炭鉱などへの配置転換が行われることになり、鯛生金山も寂しい山村へ衰退してしまいました。

 戦後は新会社が設立され操業再開。昭和35年には新たに精錬所も作られなどして復活を遂げますが、昭和40年以降高品位鉱の枯渇により産出量が低下し膨大な赤字が累積していきます。そして新しい鉱脈も発見できなかったことで、昭和47年に閉山となりました。

 閉山後、約70haに及ぶ金山跡地は中津江村(当時)に譲渡されることになりますが、当時の村長の発案により観光坑道として昭和58年に再スタート。現在は道の駅が併設されるなどして多くの観光客が訪れています。

鯛生金山 坑道内部

 見学者にはイヤホン付きのラジオのようなものが貸し出され、それにより坑道内の各展示物にあわせ説明を聞くことができます。

深さ510mの竪抗

 鯛生金山には全部で6本の竪抗があり、見学コースでは深さ510mの第一竪を見ることができます。

第一竪抗の巻き上げ機

第一竪抗は巻き上げ機と共に地下にありますので、地上に竪抗櫓などはありません。

鯛生金山 精錬所

金山の観光施設から少し離れた場所に、精錬所の建物が今も残っています。

 このように鯛生金山は全て観光化されているかのように思えますが、実は全く“観光化”されていないもう一つの顔があります。大分県と福岡県の県境を挟んだ反対側の福岡県矢部村にも鯛生金山はあったのです。下の写真は矢部村にある鯛生金山矢部坑道の坑口。石組みの立派なものですが、周辺は既に森になっており大規模な金山の跡だとは想像もできません。

鯛生金山 矢部坑道

 矢部村側にも中津江と同じ規模の社宅や関連施設が町を形成し、精錬所や大規模な鉱滓堆積場なども複数ありました。また唯一地上からの竪抗があり、竪抗櫓も存在していたようです。しかし、現在それらは全く目にすることはできません。閉山から34年もたち、全ては森や藪に埋もれていると思いますが、私としてはそっちの方に惹かれてしまいます(笑)。そのうち見て回ろうかと考えているところです。

追記:忘れてました。メリークリスマス!
遺産探訪/鉱山関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

さすが、目のつけどころがちがいますね、、
何度も行ってるけど、また行きたくなりました、、

ごんた | 2006/12/25 9:27 AM
>ごんたさん

私も何度も行っています(笑)。
矢部村側は一回現地を下見したんですが、それらしい平場や石垣などを確認しています。ただ夏場で藪が酷かったので深入りはしませんでした。これからがシーズンってところでしょうか(笑)。
ゴン太@管理人 | 2006/12/26 2:31 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
九州・沖縄情報
アユ躍るふるさとの川へ 中津江村に中間育成施設 | 九州・沖縄情報 | 2007/02/28 10:43 PM
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会