マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 鯛生金山 | ブログTOPへ | 今年一年 >>

第一白川橋梁

 熊本県南阿蘇村立野には、阿蘇カルデラを形成する外輪山唯一の切れ目があり、そこから流れ出る白川によって深い峡谷が作られています。その峡谷に第一白川橋梁という“国内初”の鋼製アーチ橋が架けられています。

第一白川橋梁

 第一白川橋梁は、昭和2年に鉄道省大臣官房研究所の設計のもと“国有鉄道初”の鋼製アーチ橋として竣工しました。また架設工法も“国内初”のカンチレバーエレクション(両岸から作り始め、橋中央で結合する)という工法が採用。桁下約62mという高さも、旧国鉄高千穂線(現・高千穂鉄道)の高千穂橋梁ができるまでは鉄道橋として“全国一”。まさに記録づくめの橋なのです。現在、第一白川橋梁は旧国鉄高森線とともに、JR豊肥線立野駅から阿蘇郡高森町までを結ぶ南阿蘇鉄道となっています。

第一白川橋梁 橋の上から谷底を覗く

 真っ赤な鋼製アーチ橋はとても美しい姿なのですが、残念ながら橋の両側はトンネルになっており、遠くからしかその姿を見ることができません。近付こうにも道はなく、両岸切り立った急斜面になっています。しかし南阿蘇鉄道に乗車すれば第一白川橋梁の上では徐行してもらえるので、たっぷりと橋を間近に見ることができます。(近すぎて全体は見れませんが・笑)

第一白川橋梁 橋の上から谷底を覗く

 季節は限定されますがオススメは南阿蘇鉄道の名物トロッコ列車(11月〜3月は運休)。トロッコ列車だとそれほどスピードも出ませんので、鉄橋だけでなく雄大な南阿蘇の風景もゆっくり楽しめますよ。

遺産探訪/鉄道・橋梁関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

懐かしいですね。
私が高校時代にはコレによく乗って
実家まで帰ってましたよ。
南阿蘇鉄道は雨が降ると滑って進まず、
乗客を前の方に移動させて進んでいました。
(説明が不十分ですいません)
森林 | 2006/12/29 4:14 PM
>森林さん

>雨が降ると滑って進まず、乗客を前の方に移動

って、最近の話ですよね!?
なんともスゴイっていうか、ほのぼの?とした
おもしろい話ですね(笑)。
ゴン太@管理人 | 2006/12/30 12:53 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会