マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< クライミング | ブログTOPへ | 三池港 >>

三井三池炭鉱万田坑

 福岡県大牟田市と熊本県荒尾市にまたがる地域には、三井三池炭鉱の多くの坑口と関連施設が点在しています。その中で代表的な坑口ともいえるのが熊本県荒尾市にある万田坑ではないでしょうか。

万田抗の施設群

 大牟田・荒尾では明治6年から官営で石炭の採掘がはじまりました。明治22年には官営から払い下げられ三井の経営に。その後、三井三池炭鉱として團琢磨の指揮により大きく発展してくことになります。万田坑は明治35年に開坑し、大正・昭和初期の主力坑となります。昭和26年には閉坑しますが、地下で繋がっている他の坑道の排水処理などのために取り壊されることなく残されました。

万田抗の巻揚機の一部

 国の重要文化財に指定されている万田坑は、竪坑櫓だけでなく巻揚機などの機器や周辺施設までもまとめて残されています。上の写真は巻揚機のブレーキですが、実に巨大なものです。巻揚機室の中にはその他の機器や工具なども手付かずに残されており、そのまま時間が止まったような不思議な感じがします。

 現在“万田坑”と呼ばれている竪坑は、正確には第二竪坑櫓になります。第一竪坑はすぐ近くにありましたが、竪坑櫓や巻揚機建屋などは既に解体撤去されて残っていません。しかし櫓の基礎部分だけは巨大なコンクリート構造物として残っています。そして驚くことに第一竪坑は閉塞されることなく、現在も口をあけて残されています。平成9年の三井三池炭鉱閉山時に閉塞されていてもおかしくないのですが、なにか事情があったのでしょうか。竪坑はある程度の深さで水没しているらしいのですが、本来の深さは270メートルに達するそうです。

万田坑第一竪抗櫓の基礎と竪抗の穴

 写真中央の金網のフェンスで囲まれた中に見えるのが竪坑。安全の為に鉄製の網が被せてありますが、覗き込むのには勇気が必要。施設の一般公開時以外は立ち入りができないようです。両サイドにあるコンクリートの壁が第一竪坑櫓の基礎。

 普段は建物の中に入ることはできませんが、万田坑市民まつりの時には施設内部を見学できます。また熊本県教育庁文化課のWebサイトによると、荒尾市教育委員会社会教育課文化係(TEL0968-63-1111内線414)にて随時見学の受付もしているようです。

関連サイト:
 「ALL-A」 > 三井三池炭鉱 万田坑第二竪坑櫓
 「大牟田の近代化遺産」 > 三池炭鉱万田坑
 「大牟田市石炭産業科学館
 「熊本県教育庁文化課 くまもとの文化
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(4) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

最近入られたんですかね?
中に入ってみたいんですけど、
一般公開の日とかいつも知らない/忘れてるんですよ

この頃のブレーキといえば石綿でしょうね(汗)
ごんた | 2007/02/01 9:00 AM
>ごんたさん

実はストックネタで去年のことです。毎年春あたりにお祭りがあったと思いますが、情報があれば連絡しますね。

ちなみにブレーキシューは木材(!)で出来ていましたよ。
ゴン太@管理人 | 2007/02/01 11:13 PM
連休初日に私も行きました。
こちらで紹介されていた「九州遺産」を持って。
せっかくなのでボランティアの方に案内をたのみ、中へ入れてもらいました。
いろんなお話が訊けてとても勉強になりました。
化石が採れるってのも、説明から知りました。
副産物なのでしょうか?面白いですね。

レンタサイクルで周辺を回る予定が、道に迷ってばかりで
結局ボランティアの方が迎えに来てくれるというVIP待遇。
方向音痴がこれほどとは自分でも情けなくなった時でした。

今回は天気もよくなかったし、もう一度周辺を観る為にも春に行く予定です。
うっかり | 2007/02/13 7:34 AM
>うっかりさん

万田坑に行かれたんですね。ボランティアの方の
案内を受けられたのはいいですね。
化石が採れるとは私もはじめて聞きました。
確かに面白いですね。

>方向音痴

初めての土地はやはり方向が掴めないものです。
私の場合、事前に地図をじっくりと見て大まかな
位置関係を頭に入れて現地へ向かいます。
でも市街地ではカーナビ頼りですけどね(笑)。
あと、迷ったらガンガン地元の人に道を聞きまくります。
意外な情報を得られることも結構あり、おもしろいですよ。
ゴン太@管理人 | 2007/02/14 11:31 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
九州・沖縄情報
三井三池炭坑は、1873年(明治6年)に官営事業になり、英国人ポッターの指導で蒸気機関の陽水ポンプなど西洋式の技術が導入されました。1888年ごろには、国内最大の炭鉱になり、その翌年に三井家に払い下げられました。最新鋭を誇った万田竪坑は、東洋一といわれました
三井三池炭鉱(福岡の近代化遺産) | 福岡あるある情報銀行 | 2007/03/25 12:52 PM
九州・沖縄情報
ヒマワリ畑の受け入れ決定 大牟田市 | 九州・沖縄情報 | 2007/04/01 9:24 PM
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会