マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 三井三池炭鉱万田坑 | ブログTOPへ | 旧三井港倶楽部 >>

三池港

 福岡県大牟田市にある三池港は、三井三池炭鉱で産出された石炭を船で運び出すため三井鉱山合名会社の専用港として1908年に開港しました。それまで三池炭鉱で産出した石炭は、小船で長崎県口之津港まで運び大型船に積み替えられていましたが、産出量の増加に伴い大型船に直接積み込みが出来る港が望まれるようになりました。築港の指揮を取ったのが三池鉱山理事の團琢磨。干満の差が大きく干潟が続く遠浅の有明海に、大型船が入港できる港を作るのは普通では無理です。そこで團琢磨は港を内港と船渠とに別け、船渠と呼ばれる港の一番奥を閘門(こうもん)という開閉式の扉で仕切れるようにしました。これにより、干潮時でも船渠の水深を保つことができ大型船の来航も可能になりました。

 このような大工事が100年もの昔に行われていたのも驚きですが、その当時の施設がそのまま現役で稼動しているのがこの三池港の最大の特徴です。美しい切石組みの岸壁、閘門、閘門水圧ポンプなど明治時代からの姿で現在も活躍しています。

三池港

 内港奥から閘門、船渠と海側を見た写真です。写真中央あたりが閘門。閘門の両サイドに左右対称にあるのがスルーゲート。

三池港

 開かれる閘門。月に数回、不定期に開閉されるようです。

三池港

 内港の水位を調整するスルーゲート。煉瓦と石材により美しく組み上げられています。

三池港

 閘門を動かす水圧ポンプ。閘門は油圧ではなく水圧で駆動されています。ポンプに油でなく水を使うのは、万一の漏洩事故を考えてのことだそうです。

三池港

 閘門の開閉操作を行う管理棟。ペンキで綺麗に手入れがされていますが、かなり古そうな木造平屋の建物。水圧ポンプなどもこの中にあります。おそらく開港当時からの建物だと思われます。

 現在、三池港周辺の風景は急速に変化しつつあるようです。93年間も三池港内港にあった石炭積み込みローダー「通称:ダンクロローダー」は、平成16年11月に解体されてしまいました。また港の東側には炭鉱鉄道などの軌道敷の痕跡が残っていますが、道路拡張工事などが始まっておりそれらもいつまで残っているかわかりません。

関連サイト:
 「三池港
 「大牟田の近代化遺産」 > 三池港
遺産探訪/建築・土木関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会