マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 三池港 | ブログTOPへ | 三菱重工業株式会社長崎造船所 史料館 >>

旧三井港倶楽部

 広大な庭園を持つ優雅な西洋建築の旧三井港倶楽部は、三池港に入港する外国船などの高級船員たちの宿泊所・接待所として明治41年(1908年)の三池港開港と同時に開館。炭鉱全盛期には三井財閥の社交場となり、皇族や政財界人、外国人技術者などの迎賓館としても使われました。

三井港倶楽部

 近年はレストランや結婚式場として使われていましたが、所有している三井鉱山が産業再生機構の支援を受ける中で営業を停止することになります。平成16年12月25日で閉館され、三井鉱山は大牟田市に買い取りを打診しますが財政難によりそれを拒否されます。しかしすぐに保存を求める声があがり、地元経済界有志により保存会が設立。市民やNPO法人「大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ」と共に、保存へ向けた署名運動がスタートします。結果、約1か月あまりでおよそ2万8千人もの署名が集まりました。

三井港倶楽部

 地元経済界により(株)三井港倶楽部保存会が設立され三井鉱山と売買交渉を進めた結果、7,000万円で譲渡が決定します。当初2億5千万円を提示していた三井鉱山ですが、地元が所有するならばということでこの価格になったのでしょう。閉館から約1年後、多くの人々の願いにより新会社のもと旧三井港倶楽部は再びオープンすることができました。

三井港倶楽部

 現在も結婚式場やレストランとして営業されています。レストランは本格的なコース料理以外にも手軽なランチや喫茶メニューがありますので、見学がてらコーヒーでもいかがでしょう。当時のままという建具や家具、また収蔵される美術品も見ておきたいものです。

三井港倶楽部

 旧三井港倶楽部は三池港のすぐ近くにあるのですが、以前紹介した三川坑が西側に隣接してあります。

関連サイト:「旧三井港倶楽部
遺産探訪/建築・土木関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ここ、結婚前に嫁とデートした思い出の場所でもあります。競馬の帰りでしたが(笑)
ごんた | 2007/02/09 9:55 AM
>ごんたさん

お食事でもされたのでしょうか。なかなかステキなデートコースですね(笑)。
ゴン太@管理人 | 2007/02/10 12:10 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会