マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 大築島 | ブログTOPへ | 有明坑解体始まる? >>

魚貫炭鉱

 烏帽子坑に近い熊本県天草市南部に、小規模ながら幕末より採炭が始められた魚貫炭鉱があります。明治36年に日本練炭株式会社が買収し組織的な採掘が始まり、烏帽子坑と同じ良質の無煙炭を産出しました。大正時代末からは次々に経営者(会社)が変わり、戦後は天草市苓北(旧天草郡苓北町)に志岐炭鉱を持つ久恒鉱業株式会社の経営に。昭和26年には魚貫炭鉱株式会社として独立し、中ノ浦坑、魚貫坑、久貫坑の3坑口で採炭が行われました。閉山の時期など詳しくはわかりませんが、昭和47年までは中ノ浦坑での採炭は行われていたようです。

 近年まで採炭が行われいたために多くの遺構が残されていますが、中ノ浦坑、魚貫坑、久貫坑の3坑口はそれぞれ離れており、1回で全てを見て回ることはできません。今回は中ノ浦坑周辺の遺構を見てきました。

魚貫炭鉱

 石炭を運ぶベルトコンベアーの足の部分でしょうか。コンクリート製の橋脚が並んでいます。

魚貫炭鉱・ホッパー

 海岸付近に残るホッパー。すぐ近くには石炭の積み出しに使われた港があり、周辺には建物の基礎など多くの遺構が残されています。

魚貫炭鉱

 ホッパーと海岸の中間付近にある遺構。見つけたときは一瞬“坑口”かと思って驚きましたが、中を覗いてみるとどうも違う様子。海の方を向いて口を開けており、内部は浅く潜ったあと地下道のように水平に進んでいます。先ほどのホッパーの近くで再び口を開けて終わっているようですので、おそらくベルトコンベアーなどが設置され石炭の積み出しに使われた施設ではないでしょうか。

魚貫炭鉱

 海辺から離れて山側の藪にも分け入ってみました。坑口は山崩れで埋まってしまったということですので、期待はしていなかったのですがこれにはビックリ。しかし、内部へ入ってみると数十メートルで山の反対側へ。おそらく各施設をつなぐ運搬坑道の一部だったようです。

 このほかにも周辺の山の中腹にはコンクリート製の大きな遺構が見えていたりと、現地周辺の広い範囲で複数の遺構を確認しました。おそらく残りの二つの坑口周辺も多くの遺構が残されているばずです。今回は下調べもせずに現地へ行ったのでろくに見てまわれませんでした。操業当時の様子がわかる資料などを見つけたら、もう一度訪れてみたいと思っています。

関連記事:烏帽子坑
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ここ、海水浴に2度ほど行きましたが、
全く知りませんでした。
いつもながら勉強になります、、

子供が冒険しそうで怖いです(閉所恐怖症)

ごんた | 2007/03/09 8:39 AM
>ごんたさん
そういえば魚貫は海水浴場で有名でしたね。
牛深まではなかなか行く機会がなく、十数年ぶり
だったのですが、透明で美しい海には感動しました。
日帰りで慌しく走り回っていたんで、こんどは
ゆっくり観光してみたいです。
ゴン太@管理人 | 2007/03/09 11:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会