マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 沈堕発電所跡 | ブログTOPへ | 旧農林省米穀倉庫 >>

旧麻生商店若松支店と古河鉱業ビル

 福岡県北九州市若松区に古い洋館が集まった「若松バンド」と呼ばれる地区があります。中でも旧麻生商店若松支店(昭和11年竣工)と古河鉱業ビル(大正8年竣工)の2つの建物はオリジナルの美しい姿を留めており、Web上などでもよく紹介されています。私が興味を持ったのはtksさんのブログ「ALL-A」で昨年12月に紹介されたその記事を見てから。掲載されている写真はまるで外国の風景のようでとても美しく、是非自分の目で見てみたくなりました。北九州のレトロな町並みと言えば門司港周辺だけだと思っていたのですが、若松区も明治期から石炭の積み出し港として栄えたため、現在でも古い洋風建築が残っているようです。他にも何かありそうで、ますます行ってみたくなりました。

 ただし行くなら急がなくてはなりません。旧麻生商店若松支店は解体が決まっており、跡地には12階建てのマンションが建設されるとのこと。しかし、なかなか時間が作れず…。先月(2月)になって北九州方面に行く用事があり、どうにかついでに若松まで足を伸ばすことができました。夕方になったものの、天気はよかったので街は夕日に照らされていい雰囲気です。これならいい写真もとれるかな、なんて期待してたんですが…。

2007年2月4日撮影 旧麻生商店若松支店と古河鉱業ビル

 なんてこったい。キレイさっぱりに更地になってました。写真右側の建物が古河鉱業ビルで、左側の空き地が旧麻生商店若松支店が建っていた場所です。一足、いや二足ほど遅かったようです。がっかりして跡地を見つめていると、隅っこになにかが残っているのに気が付きました。

2007年2月4日撮影 旧麻生商店若松支店と古河鉱業ビル

 旧麻生商店若松支店の建物で使われていた石材でしょうか。なぜコレだけが残されているの?真新しいキズがあちこちに付いているので、記念碑とかに使う訳でもなさそうですが…。

2007年2月4日撮影 旧麻生商店若松支店と古河鉱業ビル
 
大正8年生まれの古河鉱業ビル。長年向かい合ってきた相棒をなくしたようで、ちょっと寂しそうでした。

関連サイト:
ALL-A」> 旧 麻生商店若松支店0102030405
『北九州の近代化遺産』のつくりかた。」> 麻生商店若松支店
洞海湾通信」> 若松バンド(1)(2)(3)(4)
遺産探訪/建築・土木関連 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

旧麻生商店、素敵なスクラッチタイルの建物だったのですね。
「北九州市の建築 明治−大正−昭和初期」という本には、「北九州商工会議所若松支所」として出ておりました。
もう、ないのですか。。。(><)
神戸や横浜のバンドと呼ばれていた地区では、旧麻生商店に似たスクラッチタイルのビルを目にするのですが。。。残念です。
ずんさま | 2007/03/19 11:50 AM
そうなんですねー。当時はスクラッチタイルが大変流行したようで、フランク・ロイド・ライトの旧帝国ホテルの影響が相当大きかったことが忍ばれます。
他の代表的なものに、やはり今は壊されてしまった首相官邸がありましたね。
私の通っていた大学にも、その当時建った本館があり、きれいなオレンジ色に近いスクラッチタイルが、当時の雰囲気を醸し出しています。幸い壊されると言う話は今のところ聞きません。

折尾警察署も、スクラッチタイルを使ったアールデコの良い例だったと思います。
なぜ、アールデコの建物は壊される事が多いのでしょうかねー。
理解に苦しみます。
赤か毛 | 2007/03/19 6:02 PM
後先になりましたが、ゴン太@管理人さん、関連サイトに挙げていただきありがとうございました。
よろしかったら、遠賀川の大銀杏の記事をアップしましたので、ご覧になって下さい。

近代遺産ではありませんが、貴重な遺産を保存する、という点で参考にしていただけるのではと思います。
この話を聞くにつけ私たちも頑張らなければと、元気をもらえるように思います。

勝手ながらトラックバックさせていただきます。
(上のコメントで「忍ばれる」は「偲ばれる」の間違いでしたm(_._)m)
赤か毛 | 2007/03/19 6:08 PM
ああ、跡形もなく消えてしまいましたか… 取り壊されると分かっていても、実際に目にすると力が抜けますね。
tks | 2007/03/19 10:25 PM
>ずんさまさん
 「北九州商工会議所若松支所」で検索してみても結構多くヒットしますね。最終的には商工会議所若松支所として使われていたのでしょうか。
 結局、実物を目にすることが出来なかったのですが、私はこの物件で“スクラッチタイルのビル”に興味がわいてきました。

>赤か毛さん
 アール・デコ様式の建物って結構壊されているのですか!?建築年代的に老朽化しているモノの中に、アール・デコ様式の建物が多く含まれているのかもしれないですね。しかしもったいない限りです…。

>tksさん
 やっぱりすぐに動かないといけませんね。もたもたしていると解体されてしまいます(泣)。
ゴン太@管理人 | 2007/03/20 2:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
今日は、或る川筋男のなんとも痛快なお話です。 遠賀川の土手を上り、この木の脇を通るたびに「よう頑張っとうね!」と思っていた大銀杏は、やはりただ者ではありませんでした。道のど真ん中にでんと構え、行き交う車がその下をすごすごと通らせていただく、これは自然
遠賀川 <土手の大銀杏> | 洞海湾通信 | 2007/03/19 6:09 PM
<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会