マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< なんだかんだで… | ブログTOPへ | 旧九州鉄道本社 >>

旧農林省米穀倉庫事務所

 北九州市門司区旧農林省米穀倉庫の続きです。倉庫から引込み線を挟んだ南側に隣接する場所に事務所棟があります。敷地の外からフェンス越しに見ることはできますが、生い茂った木々が邪魔をして建物の全体像はつかめません。

旧農林省米穀倉庫事務所

 倉庫と同じく昭和2年に建築された建物は、シンプルな容姿ながらも縦長の窓や小さな装飾などがレトロな良い雰囲気を作っています。

旧農林省米穀倉庫事務所

 倉庫と事務所の間には門司港駅よりつながる引込み線が通り抜けていますが、現在はこのように厳重にゲートで閉じられています。写真左側が倉庫で、右手奥が事務所になります。現在はこの引込み線も廃止されています。

旧農林省米穀倉庫事務所

 事務所は倉庫と同じく現在使用されていません。建物をよく見てみると窓ガラスが割れたりして結構荒れており、もう少し進行したら“廃墟”と化しそうです。折角、広い敷地と豊かな緑の中にあるので何かに利用されるといいですね。カフェやレストランでもステキかも。

旧農林省米穀倉庫事務所


関連記事:
旧農林省米穀倉庫
遺産探訪/建築・土木関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

すっごい!鬱蒼とした樹木の奥にたたずむ、昔のオフィス建築!とっても素敵。
玄関周りの車寄せ風のところが建物の格式を出しておりますなぁ。昔、都内にもこのような雰囲気の建物があったのですよ。
東海区水産研究所本館(ワンダフルライフという映画の撮影が行われたけど取り壊し)や旧海軍大学校(その後、国立予防衛生研究所になって731部隊が研究していた!けど取り壊し後は都市機構の団地)などなど。
この旧農林省米穀倉庫事務所も官営の事務所施設らしい建物ですね。
木製の窓が壊れてしまっているところが何とも悲しげですが、まだ手を入れれば何とか使えそうにも見えます。
米穀倉庫の転用例は、山形の山居倉庫とか秋田の旧国立新屋倉庫なんかが有名ですが、この事務所も倉庫と一緒に利活用できたら良いのにと思ってしまいます。
ずんさま | 2007/04/22 9:05 AM
>ずんさまさん
秋田の旧国立新屋倉庫のような形で再利用されると素晴らしいですね。あまり荒れてしまわないうちによい利用方法がみつかるといいのですが…。
ゴン太 | 2007/04/23 3:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会