マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 菊池電車(熊本電気鉄道) | ブログTOPへ | 今週末の一般公開3件! >>

三井三池炭鉱宮原坑一般公開

 三井三池炭鉱宮原坑は通常敷地内への立入はできませんが、毎月1回だけ第3土曜日の午前10時から正午まで一般公開が行われています。当日は内部の見学に加え、大牟田市教育委員会とNPO法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブの方々による説明なども聞くことができます。

 宮原坑は以前も紹介していますが、今回は5月19日の一般公開に参加したので敷地内や捲揚機室内部の様子を紹介。当日はALL-Aのtksさんと合同で、宮原坑見学だけでなく大牟田市の近代化遺産巡りをしました。その模様は次回より紹介していきたいと思います。

三井三池炭鉱宮原坑

 宮原坑は明治31年に第一竪坑、明治34年に第二竪坑が竣工し、明治・大正期の三井三池炭鉱の中において、主に排水と揚炭を担う主力坑でした。昭和初期の不況による合理化により昭和6年に一旦閉坑するも、第二竪坑だけは排水と排気の為にそのまま残されることになり、平成9年の三井三池炭鉱の閉山までその機能を果たしました。

三井三池炭鉱宮原坑
第二竪坑櫓を捲揚機室から見る

三井三池炭鉱宮原坑
捲揚機室裏手から撮影

 内部には二機の捲揚機があり、用途に合わせ使い分けられていたそうです。戦後になってからは一機は使われることはなかったといいますが、それでも整備続けられていたとのこと。

三井三池炭鉱宮原坑
捲揚機室内部

三井三池炭鉱宮原坑

 捲揚機のワイヤーや巨大な歯車は見事にグリスアップが施されており、まるで現役の機械のようです。ちなみに上の写真の歯車は戦後使われることがなかった捲揚機のもの。

三井三池炭鉱宮原坑

 敷地内には石炭を運ぶための数台のトロッコと軌道も残されています。閉坑後も揚炭されることがあったのでしょうか。

三井三池炭鉱宮原坑
櫓直下の様子

 平成9年の閉山まで排水・排気に使われていた深さ160mの第二竪坑は、平成12年にコンクリートで蓋がされるまで人員昇降も行われていたそうです。地下坑内の設備機器の点検などで人員昇降が行われていたとのことですが、つい最近まで捲揚機が動いていたと思うと驚きですね。いや、平成12年まで使われていたからこそ、この宮原坑が現在まで残ることができたのでしょう。上写真中に見えるコンクリート面から伸びている1本の塩ビパイプは、閉塞蓋の下にある竪坑に繋がっており、現在でも三井鉱山の職員が水位やガスの点検に使っているそうです。

三井三池炭鉱宮原坑
第一竪坑跡

 宮原坑の敷地から西へ数十メートルのところに第一竪坑跡があります。周辺は住宅地になっていますが、跡地だけポツンと空き地(畑?)になっています。こうして見ると深さ141mの竪坑があったとは想像もつきませんね。

 現地では施設の説明だけでなく、大牟田の歴史から炭鉱に関する興味深い面白い話も聞けて、あっという間の2時間でした。大牟田市教育委員会と大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブの皆様大変お世話になりました。tksさんお疲れ様でした。

【関連記事・5/19大牟田荒尾近代化遺産巡り】
旧三川電鉄変電所
トータル・クリスチャン・チャーチ
三井三池鉄道 01
三井三池鉄道 02

【関連記事】
雑記帳・三井三池炭鉱宮原坑
マップ・三井三池炭鉱宮原坑

【関連サイト】
ALL-A」> 大牟田市の近代化遺産巡り
ALL-A」> 三井三池炭鉱 宮原坑第二竪坑櫓
大牟田の近代化遺産」> 三池炭鉱宮原坑跡
日本の鉱山」> 福岡県 > 三井三池炭鉱(大牟田市)
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ALL-Aさんのブログにコメントしましたが、
いろいろ収穫があったようですね。
たんと | 2007/05/25 6:29 AM
これはまたよく整備されてますね
>毎月1回だけ第3土曜日
現地に行けば参加できるんでしょうか?
ゼヒ見てみたいです、、
ごんた | 2007/05/25 8:33 AM
>たんとさん
三井三池炭鉱の他の坑口の話なども聞くことができました。さすがに地元の専門家のお話は面白く大変興味深いものです。このようなイベントは、地元の人、専門家、または関係者ならではのお話が聞けることが魅力ですね。

>ごんたさん
見学にあたっては特に事前に申し込みも必要ではありません。駐車スペースも十分ありますので、直接現地に行けば大丈夫ですよ。
ゴン太@管理人 | 2007/05/26 2:02 AM
またまた情報ありがとうございます!!!
うっかり必ず行きます。
ゴン太さんや、tksさんの後を金魚のフンのようについってってる感じ。
公共機関を使って…。

近代遺構に興味を持ったのは、ゴン太さんのトップページの写真からなんです。
どうしてお邪魔したのか記憶はないのですが、ドキドキしたのは覚えてます。最初はゴン太さんとtksさんの写真で、ものすごく満足していたんだけどなぁ。
あ、今でも、写真は自分がヘボなのでお二人ので“ムフフ、そうだった、そうだった”と納得しながら見直してたりします。

私は近代遺構に詳しくないし、調べたりはしてないのですが
“ちゃんと見ておこう”と、思うキッカケを作ってもらいました。
ありがとうございます。
うっかり | 2007/06/12 6:35 AM
私のサイトの写真が、近代遺産に興味を持つきっかけになったとはとても光栄です。

私の場合専門家ではないので難しいことは考えず、興味の向くまま見て回っているだけです。しかし価値あるものが次々とひっそり姿を消していく状況の中、最近はいろいろ考えさせられますね。その様な中で“ちゃんと見ておこう”と思うのは大切なことだと思います。
ゴン太@管理人 | 2007/06/13 1:04 AM
来月、宮原に行きます。

ご心配をおかけしました。
すみません、本当にどうしてこんな性格なのか???
自分ではキチントさんのつもりでやってるんですが
まるっきり正反対の方向へ行くようです。
頭の中に反射鏡があって、外から入った情報を違う場所へ反射されるのかもしれません。

世界七不思議の一つだと思います。

うっかり | 2007/06/13 7:05 AM
来週ではなく来月。間違いで安心しました(笑)。
ゴン太@管理人 | 2007/06/14 1:49 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会