マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 熊本地方航空機乗員養成所跡 | ブログTOPへ | 健軍飛行場の掩体壕 >>

旧三菱重工熊本航空機製作所

 熊本市東部にある陸上自衛隊健軍駐屯地(西部方面総監部)の広大な敷地の中に、終戦まで重爆撃機「飛龍」を生産していた三菱重工の巨大な工場建屋が残されています。

旧三菱重工熊本航空機製作所 組立工場

昭和16年、陸軍より生産増強の命令を受けた三菱重工が、名古屋航空機製作所の分工場として熊本市健軍の約140万坪の敷地に新工場の建設を開始します。三菱重工の工場ですが、国により建設され三菱により経営されるといういわゆる「官設民営工場」。工場は昭和19年に竣工し、終戦までの間に42機の四式重爆撃機・キ-67「飛龍」を生産しました。

四式重爆撃機・キ-67「飛龍」

戦後は、アルミなどを使った弁当箱や進駐軍向けのロッカーなどを製作し工場は自活の道へ。昭和22年には熊本機器製作所が設立され、本格的に農機具などの生産がはじまります。しかし、それも昭和24年に閉鎖となり、工作機器から従業員を含め工場は井関農機へ移譲されることに。残りの資産の整理・売却を進めるため、翌年に三菱重工西部整理事務所が発足。昭和29年に全ての事業整理を終えた為その整理事務所も閉所され、熊本のこの地から三菱重工は去っていきました。

 約140万坪という広大な跡地には、井関農機だけでなく紡績工場などもあったのですが、昭和29年に跡地北側に陸上自衛隊健軍駐屯地が開隊されます。そこにあった三菱重工の組立工場が現在も駐屯地内に現存し、倉庫・整備工場として利用されています。駐屯地の外から見てもノコギリ型の特徴的な屋根がよく目立ち、その巨大さからもとても気になっていた物件でした。でも相手は自衛隊の施設。簡単に「見せて」とも頼めないなあ、と思っていたところ、熊本産業遺産研究会で見学会が催されることに。なかなか無いチャンスですので迷わず参加しました。当日は司令業務室の方の案内のもと、現在「支処棟」として使われている旧組立工場建屋を見学し、また戦後の熊本機器製作所で整理業務に従事し長年三菱重工に勤められていた方の講演もあり、とても貴重な当時の話を聞くことができました。

旧三菱重工熊本航空機製作所 組立工場外観

特徴的なノコギリ型の屋根。外壁のスレートなどは新しいものです。

旧三菱重工熊本航空機製作所 組立工場内部

建物内部。ノコギリ屋根の垂直部分は透過性の素材が使用されており、明かり取りになっているのを初めて知りました。それにしても広い空間です。

旧三菱重工熊本航空機製作所 組立工場内部

逆方向から内部を見ます。天井はノコギリ屋根の斜めの部分がみえていますが、採光がよく内部は明るく感じます。

旧三菱重工熊本航空機製作所 組立工場天井付近の鉄骨

建物の鉄骨だけは間違いなく当時のモノ。細い部材をリベットで組み合わせて太い一本の鉄骨が作られています。

組立工場 当時の扉

工場建屋の北側の扉は当時のものと推測されるそうです。一枚一枚がとても大きいのですが、上下にレールがあり、扉自体にも大きな車輪が備わっているので人一人でも開閉ができます。爆撃機「飛龍」の全幅は22.5mですので、おそらくその幅に合わせた開口幅ではないでしょうか。

 三菱重工の工場自体で残っているのはこの組立工場建屋だけですが、当時の工場敷地が現在の区画にそのまま反映しており、地図で見てもその広さを十分実感できます。また航空機の工場でしたので隣接して飛行場もあったり、通勤や資材運搬のため国鉄豊肥線から引込線があったりするのも非常に興味深いものです。


拡大地図を表示

赤枠が三菱重工熊本航空機製作所跡。大まかですが青枠が飛行場跡。紫線が引込線跡。赤マーカーが今回紹介した組立工場建屋です。表示を写真に切り替えて拡大して見て頂くとノコギリ屋根がハッキリと確認できます。

自衛隊施設内の歴史的建造物

駐屯地の広報館で見せて頂いた本。「自衛隊施設内の歴史的建造物」と題された「明治・大正編」と「昭和編」の2冊。自衛隊内部にしかないとのことですが、こんな魅力的な内容の本は是非一般に出してほしいものですね。

【関連記事】
三菱重工熊本航空機製作所引込線
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

なるほどなるほど、、興味深く読ませていただきました。以前、滑走路は今の自衛隊のところだと勘違いしてました。健軍飛行場にむけて新外交差点あたりを飛龍が運ばれていたんですね。感慨無量です。義烈空挺隊の石碑もどこかにあるはずですね、、
ごんた | 2007/10/05 9:07 AM
>ごんたさん

健軍飛行場(旧熊本空港)はなんにも残っていないようですが、ちょっと調べてみたら面白そうです。何かわかったら紹介しますね。それと義烈空挺隊の石碑ですが、昭和45年に健軍駐屯地内へ移設されたそうです。駐屯地敷地内北側にあったのを見てきました。
ゴン太@管理人 | 2007/10/05 11:57 PM
亡き父が”戦前は三菱で機械設計の仕事をしていた”と話していました。が、どこらへんの工場で?と長年思っていました。
詳しいことはあまり語らなかったので・・・
(今になって詳しいことを聞いておけばよかったと後悔)
どうやらここのことだったと最近知りました。
父は晩年ここの自衛隊祭り?にも行ったと聞いたので、
さぞ懐かしかったことだろうなと思います。

フミ | 2007/10/30 3:35 PM
>フミさん

はじめまして。元三菱の工場建屋は自衛隊駐屯地の中でも一際存在感がある建物ですので、自衛隊祭りで訪れたお父さんもすぐに気付かれたことでしょう。
ゴン太@管理人 | 2007/11/01 12:47 AM
小学校に上がる前後の子供の頃、定かではありませんが昭和25年前後でしょうか、米軍の爆撃で廃墟になった工場の中を鉄屑を拾いながら遊んだ覚えがあります。焼け残った垂直の鉄製梯子を登り、足場を探しながら怖い思いをし、上階を移動し遊んだ事がこの年になっても思い出として残っています。
| 2008/06/04 2:59 PM
コメントありがとうございます。やはり戦後は廃墟のようだったんですね。今では全く想像も付きませんが、そんな中でも残っている建物なので、やはり貴重なんですね。
ゴン太@管理人 | 2008/06/06 12:31 AM
小生戦時中陸軍少年飛行兵出身で健軍に駐屯、義烈挺身隊
を見送りその後転属となり曽根飛行場(福岡)に終戦まで
居りました。現在は米国に在住しております。
戦後66年となりますが未だに当時の事は忘れません特に
5月30日朝の空挺隊出発の事は鮮明に覚えて居ります。
平和は良い事ですが、先人の遺訓も忘れなき様若い人達に
お願い申しあげます。
東北関東大震災の被災者の方々の御健康お祈り申し上げます。


霜田利彦 | 2011/05/19 3:53 PM
健軍飛行場の滑走路は、現在の日赤の前の、真っ直ぐな道路です。戦時中は掩蔽濠を含め色々な施設もあったと思います。たしか掩蔽濠痕も、住宅地に遺っているはずです。また水前寺駅からの引き込み線跡は、狭い道路としていまもありますが、そのいびつな形の道路には、子供の頃不思議な思いをしたことを思い出さします。
唯我独尊 | 2014/03/30 1:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会