マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 【告知】第35回 熊本県文化財保護大会 | ブログTOPへ | ブルドーザー カブトムシ!? >>

熊本県北の鉄道煉瓦アーチ橋(拱渠)

 熊本市から玉名市へ向かう途中、JR鹿児島本線に沿うように走る県道13号線を車で移動中にある光景が目にとまりました。田原坂駅のすぐ南側、線路の築堤が小さなコンクリートアーチ橋で川を横切っているように見えたのですが、もしかして…と思い車を降りて近づいて見ると…。

轟川橋梁
轟川橋梁

側面はコンクリートで覆われていますが、内部のアーチは煉瓦巻きになっているのを見つけてびっくり!鉄筋コンクリート造の橋ならば矩形になっていて普通だと思うのですが、わざわざアーチになっている所が怪しいと睨んだわけです。

轟川橋梁 内部
轟川橋梁 内部

熊本県内の煉瓦アーチ橋が紹介されているのをあまり見たことがない(ありましたっけ?)ので、これには大興奮(笑)。他にもどこかに埋もれているのではないかと思い、ちょこっとだけ付近を探索してみました。

 肥後伊倉駅と木葉駅間にある田崎橋梁。県道170号線からアーチが見えるので簡単に発見しました。近づいてみると側面だけでなく内部までもがコンクリートになっている様子…。

田崎橋梁 北側
田崎橋梁 北側(県道側)

しかし内部の中央付近から半分は煉瓦が残されていました。下の写真ではわかりづらいかもしれませんが、壁部分はオランダ積みで、アーチ部分はフランス積み(珍しいようです)になっています。

田崎橋梁下 中央付近
田崎橋梁下 中央付近

反対側は本来の美しい煉瓦の姿がそのまま残されていました。こちら側は地形的に目立たない位置にあるので、まさに隠れたお宝という感じ。

田崎橋梁 南側
田崎橋梁 南側は煉瓦の本来の姿

まさか反対側がこのようになっているなんて、県道側のコンクリート面からは想像もつきませんね。

 次に見つけたのは、田原坂駅と植木駅間にあるちょっと意地悪な物件。周辺にはコンクリート製の矩形の橋はいくつもあるのですが、その中に紛れているのが下の写真の那智第二橋梁。入り口は矩形になっているのですが、よく見てみると内部にアーチのシルエットが見えています。線路と並走する県道31号を車で移動しながら見つけたのですが、このアーチは見逃しませんでした(笑)。

那智第二橋梁 東側
那智第二橋梁 東側(県道31号側)

桁下2.1m規制の小さな橋。いや、橋というよりなんだかトンネルのようです。コンクリートの矩形部分は後から付け足したようで、入り口から2〜3mで煉瓦のアーチが始まります。 

那智第二橋梁下 接合部
那智第二橋梁下 コンクリートと煉瓦の接合部

こちらも反対側は本来の姿を留めているようですが、上部には笠石もありまさにトンネルの坑門のよう。立派です。

那智第二橋梁 西側
智第二橋梁 西側

今回は時間切れでこれにて探索終了。車で移動しながらでも見つけられたので、本気になって探せば他にもまだまだありそうです。


地図を大きく表示
赤マーカーが轟川橋梁。青マーカーが田崎橋梁。緑マーカーが那智第二橋梁。

 JR鹿児島本線のこの区間は“九州鉄道”時代のもの。明治24年には門司駅から熊本駅までが開通しているので、今回見つけたこの3つの煉瓦アーチ橋も明治24年以前のものということになります。現役の鉄道施設にも明治期の九州鉄道時代のお宝が数多く隠れている訳で、身近なところでそれらを探してみるのも結構楽しいものです。
遺産探訪/鉄道・橋梁関連 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ふーむ、長持ちするものなんですね、、
煉瓦は腐らないから長持ちするんですかね?
漆喰とかが腐ってきそうですけど、そんなん使ってないのかな??

ごんた | 2007/10/25 3:13 PM
>ごんたさん
土木構造物は本当に長期に渡って現役のものが多いですね。ただ煉瓦でも亀裂が入ったりして劣化していく部分もあるので、今回紹介したように部分的にコンクリートで補強されたりするるのでしょうね。
ゴン太@管理人 | 2007/10/25 10:05 PM
九州鉄道時代の構造物は丹念に探せばあちこちで発見できますね。博多〜小倉もけっこう残っています。特に福間〜折尾が多くて、私は煉瓦造の?渠や橋脚などを十数カ所ほど確認しています。
tks | 2007/10/26 12:19 AM
あれ、文字化けしてしまいましたね。環境によるのかな。「手偏に共」と書いて「きょう」+「渠」で「きょうきょ」です。念のため。
tks | 2007/10/26 12:27 AM
>tksさん
あ、拱渠(きょうきょ)!
調べてみたら幅の広い築堤の下に設けられる暗渠タイプのアーチ橋を拱渠(きょうきょ)(こうきょ)と呼ぶので、今回紹介した3物件はまさに拱渠になりますね。橋梁名の銘板があったので“橋梁”としましたが、呼び方も奥が深いものですねえ。
ゴン太@管理人 | 2007/10/27 3:21 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会