マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< ブルドーザー カブトムシ!? | ブログTOPへ | 【告知】肥薩線100年シンポジウムと鉄道資料展 >>

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓

 佐賀県多久市にある三菱古賀山炭鉱跡に、非常に珍しい鉄筋コンクリート造の竪坑櫓が残されています。その存在をtksさんのブログ「ALL-A」で知ったのですが、写真から伝わるその迫力に圧倒され、いつかは訪れてみたいと思っていました。形こそ三井三池炭鉱の万田坑や宮原坑の竪坑櫓に似ていますが、コンクリートの太い柱で組まれた立体ラーメン構造からは一味違う力強さが感じられます。

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓 南西から見る

大正6年に完成し、昭和42年の閉山まで使われていたとのこと。地元の人に話を聞いてみたのですが、周辺に残っていた炭鉱施設も全てなくなり現在唯一残るのがこの竪坑櫓だそうです。

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓 東から見る

櫓の高さは25m。周囲に高い建物がないため遠くからでもよく目立ちます。

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓 下から見上げる

大正時代にこれだけのものを造るとなると、とても高い技術力が必要だったことでしょう。コンクリートの表面は傷みも少なく、全体的にまだまだしっかりしている感じがします。

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓 小さな階段

面白い(怖い)のがこの階段。滑車などのメンテナンス用の階段だと思うのですが、さすがにこれを登るのはちょっと…。

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓 極狭階段幅

階段は急角度なため、一段一段の奥行きもこんな程度。しかも中は空洞。

三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓 上部の様子

櫓の上部。階段を登った先には足場があったようですが、現在は金属製の支えだけが残っています。


拡大地図を表示

竪坑櫓は石材会社の敷地内にあるので、立ち入るためには許可が必要。私が訪ねたときに聞いた話では、結構見学者は多いとのこと。

【関連記事】
雑記帳・三菱古賀山炭鉱 ホッパーと関連施設

【関連サイト】
ALL-A」> 三菱古賀山炭鉱 竪坑櫓

【参考文献】
「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2000選」
土木学会土木史研究委員会/編
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

やはりあの階段は見るだけでビビリますよね。上りより下りが大変そう。ところで多久駅の近くにホッパーが現存しているらしいですよ。私は今年中に見に行こうと思っています。

【参考】読売新聞 > 九州発 > 昭和39年九州発 > 佐賀県 > 多久市
http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/showa39/002/photo/sh_002_07071801.htm
tks | 2007/11/02 1:14 AM
>tksさん
面白い情報ありがとうございます。リンク先の写真に写っているボタ山をGoogleマップで見てみると、まんま地形として残っていますね。脇にはシックナーと思われる施設まで描かれているので、案外関連施設の痕跡が見つかるかもしれません。私も近いうちに見に行きたいものです。
ゴン太@管理人 | 2007/11/02 1:39 AM
むむ、唐津炭田の遺産情報ですか。
実は『佐賀県の近代化遺産』の中には、他にもぼちぼち炭鉱遺産情報が載っているんですよ。いつか見に行きたいと思いつつ、どうも時間と金が無く、、ううむ。なんとも。
せっかくなので報告書内詳細報告に載っている遺産を列挙します(一次リスト入れると書きづらいので割愛)。住所の大字まで転記しますので、詳細は、まあ、聞きたいものは別途ご連絡下さい。
・杵島炭鉱変電所跡(大町煉瓦館)大町町泉町
・杵島炭鉱トロッコ道支柱跡 大町町恵比須
・杵島炭鉱第3坑鉱石運搬道支柱跡 北方町志久
・杵島炭鉱大鶴鉱業所第二坑口 肥前町入野
・杵島炭鉱大鶴鉱業所軌道橋跡 肥前町浦頭川
・芳谷炭鉱第3坑跡 北波多村岸山
・芳谷炭鉱捲揚機台座 北波多村岸山
・古賀山炭鉱竪坑跡(今回の物件)
・古賀山炭鉱石炭積み込み場(tksさん指摘物件) 多久市北多久町砂原
あと、多久市には炭鉱住宅も残っているようですよ。
庵田 | 2007/11/03 12:08 AM
>庵田さん
おお!これまたお忙しいところ、このような情報ありがとうございます!杵島炭鉱も大町煉瓦館以外は知らなかったので見てみたいものです。
ゴン太@管理人 | 2007/11/04 10:09 PM
>庵田さん
ご多忙の折、ありがとうございます。杵島炭鉱の遺構群はネットに写真が出ているので知っていましたが(ググるとすぐ見つかります)、芳谷炭鉱は知りませんでした。

>あと、多久市には炭鉱住宅も残っているようですよ。
古賀山炭鉱竪坑櫓の近くに2〜3軒それらしき住宅がありました。

なお、ハンドルネームをtksからタケに変えました。今後ともよろしくお願いします。
タケ(旧名tks) | 2007/11/05 12:45 AM
>タケさん
ハンドルネームの件、了解しました。

うーん。
今すぐ多久市に行きたくなりました(笑)。
ゴン太@管理人 | 2007/11/06 10:05 PM
 芳谷炭坑の巻上機台座の存在、初めて知りました。
先日、同炭坑の探訪会を開いたのですが、
あまりなくで、今後の調査を誓ったのですが、
所在地を教えてください。
冬の虫のいない時期に、探し当てたいと思います。
地元の研究団体が喜ぶと思います。
やまめのたより | 2012/11/19 9:16 AM
 いまさらとは、思いますが、コメントさせていただきます。
 もう、ご存じとは、思いますが、櫓の付近に太陽光パネルが設置されました。
 これからも、櫓がのこっていくかは…
 4月から発電らしいです。
地元 | 2013/03/10 2:31 PM
地元さん

情報ありがとうございます。
どこも同じような状況ですね。櫓が残ればいいのですが…

遅レスすみません。
ゴン太@管理人 | 2013/06/03 1:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会