マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 【告知】熊本での産業遺産関連イベント2件 | ブログTOPへ | 三井山野鉱業学校練習坑道 >>

小舟鉱業所新坑坑口

 「吉隈鉱業所跡を歩いてみよう!」ツアーに参加したときのこと。参加者の中に吉隈炭鉱の近くにある山野炭鉱や小舟炭鉱でも働いたことがあるという方がいて、ツアー中に色々と興味深い話を聞くことができました。

 その方のお話によると、小舟炭鉱は小さな鉱業所だったものの業績はよく経営も安定していたといいます。しかし、昭和40年にすぐ隣の山野炭鉱で死者多数を出す爆発事故が発生。窮地に陥った山野炭鉱を立て直すために、隣の小舟炭鉱を“合併吸収”し体力強化をすることになったそうです。そして驚くことに、その小舟鉱業所時代の坑口がまだ現存しているとのこと。

 また別の参加者で各地の炭鉱跡を巡っているという方がいて、その方からは詳しい所在地を教えて頂きました。予想外の収穫に興奮しつつ、ツアー終了後早速現地へ。(A様、I様、貴重なお話をありがとうございました。)

 藪に囲まれてしまっていますが、斜面の一部がコンクリートで覆われており、その下部に坑口がありました。

小舟鉱業所新坑坑口

 坑口はコンクリート造で、よく見るアーチ形でなく台形。もちろん入口はコンクリートブロックで閉塞されています。

小舟鉱業所新坑坑口

 坑口上部には白い石で扁額?が嵌め込まれて「尺無坑本卸(5/31訂正)」とあります。どのような意味か、また何時ごろ開坑されたのかは不明。先の参加者の話によると「小船鉱業所新坑」の坑口だそうです。ところで、この写真を撮影していて気づきましたが、写真右下の段差の部分に何かが写っています…。

小舟鉱業所新坑坑口

 随分と大きなヘビが坑口上部で日光浴をしていました。私に気づいたのか、移動を始めるヘビ。よく見てみると両目が真っ白!そして、坑口を閉塞しているコンクリートブロックの割れ目から坑道の中に!?入ってしまいました。どうやら彼はこの坑口の主のよう。突然の出会いにちょっとビビッてしまいました。

小舟鉱業所新坑坑口

 坑口のすぐ脇には養蜂の巣箱が多数置かれていました。はじめは気づかなかったのですが、しばらく写真を撮っていると数匹のミツバチがしつこく頭の周りを飛び回るようになり、追い払っているうちに凄い数のハチに囲まれてしまいました。どうにか刺されずにその場を離れることができましたが、こんなに怖い目に遭ったのも久しぶりです。このような場所では、様々なことに注意が必要だとつくづく実感した出来事でした。


「鴨ヶ岳」登山道入口の小さな看板が唯一の目印。そこから砂利道(車は入れません)を200〜300mほど徒歩で進むと坑口です。

 ところで「小舟鉱業所」で検索してもほとんどヒットはありませんね。実際坑口が残っているので、町史などには何か記述があるのかもしれません。追々調べてみたいと思っていますが、何か情報をお持ちの方がおられたら是非教えてください。

※ヘビ、ハチなどには十分注意して見学してください。
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(11) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

「御本坑無尺」の扁額ですが、「御本坑」すなわちこの坑は、「無尽」つきることがない、というような意味ではないかと思います。「尺」が「尽」と同じ意であることに、確信が持てませんが(苦笑)。
前村 | 2008/05/29 5:07 PM
ここ一年ばかり筑豊の炭鉱を訪ねるようになった初心者ですが、詳しい地元の人に聞くと、意外な遺構があって、ネットや書籍での紹介はごく一部だと痛感します。
ツアーは参加できませんでしたが、この坑口跡はぜひ見てみたいと思います。
筑豊には「尺無層」という炭層があるので、その炭層を扱う(石炭搬出用等の)本卸坑道という意味だろうと推測します。
matsu | 2008/05/29 8:02 PM
matsuさんの説が正解のようです。「尺無層」という固有名詞があるのですね。無理して右から読む必要も無かったとは。それに、「御」ではなく「卸」ですね。何とも、お恥ずかしい次第です。
前村 | 2008/05/30 2:35 AM
>前村さん
>matsuさん

すみません!「御」でなく「卸」ですね。
確かに扁額はそうなっていました(汗)。

でも、時代も意味も分からない場合は、逆さに読んでみるのもひとつの方法ですね。何かヒントになるのかもしれません。

>筑豊には「尺無層」という炭層があるので

なるほど!です。これは知らないと分かりませんね〜。
私も最近、ネットや書籍でみるものはごく一部だと実感していたところです。地元の人のお話は、実に驚く話が多くて面白いものですね。
ゴン太@管理人 | 2008/05/31 10:03 AM
(元)炭鉱研究の関係でコメントしておかなきゃならんかったですね、、、済みません。
炭層の名前が斜坑の坑口名称として使用されているとは、面白い事例です。どうも筑豊はまだ調べきれて居ない地区なので、注意が必要ですね(夏出版の本で少しは情報も出てくるかな?)。
炭鉱では入排気口をそれぞれ別に作る必要があるため、斜坑では本卸と副卸とよぱれる坑口が作られます。この「尺無坑」に遺されているのは、このうちの本卸という事ですね。
北海道では、まだぽつぽつ斜坑も遺されていますが、筑豊ではここまではっきりと分かるものは少なく(小さいもの含めれば、10くらいはあるかも)、貴重ですね。
庵田 | 2008/06/03 9:44 PM
>庵田さん

流石です。竪坑では第一と第二ですが、斜坑では本卸と副卸と呼ばれるんですね。そこに炭層の名前が付いて「尺無坑本卸」となるわけですか〜。ありがとうございます!

ところで…

>小さいもの含めれば、10くらいはあるかも

斜坑が、そ、そんなに残っているんですか!?
非常に気になります!
ゴン太@管理人 | 2008/06/06 12:23 AM
pinocoもへびの写真撮りたかったぁ〜。
また今度誘ってくれぃ〜!!
撮影用にリュックを揃えたからね。
pinoco | 2008/06/12 11:06 PM
>pinocoさんへ

カメラ用のリュック?いいなあ。
ところでヘビとカエルのツーショットはちょっと…。
ゴン太@管理人 | 2008/06/16 1:28 AM
ようやく今日訪問することができました。
うっすら雪をかぶっていたものの、雑草も、養蜂業者の箱もなく、観察しやすかったと思います。

しかし、あの場所では、詳細な紹介がなければ、とても見つけられなかったでしょう。貴重な情報、ありがとうございました。
matsu | 2009/01/02 9:40 PM
>matsuさん

このような遺構の探索は今がベストシーズンですね。
当ブログがお役に立ててなによりです。
ゴン太@管理人 | 2009/01/04 12:49 AM
尺無坑本卸について連絡いたします。
昭和27年10月、炭労は賃金交渉をめぐり63日の長期ストを敢行、これを契機に産業界は石炭から重油へとエネルギーの方向転換、これに伴って当時の三井山野鉱は合理化を計画し、浅部採掘は同鉱第三坑部内の第二小舟坑を分離、第二会社として昭和31年7月小舟鉱業所として発足、尺無坑本卸は同鉱が昭和33年開坑約5年で終掘しました。
名称について、炭層は上部から鴨生小舟層、約20メートル下に鴨生尺無層があり、この層を採掘するので尺無坑本卸と命名された。なおその下に鴨生五尺層、さらに鴨生新五尺層が存在しこの四層を上石累層と申します。次回に
バック コールマイン | 2011/06/17 2:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会