マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 小舟鉱業所新坑坑口 | ブログTOPへ | 麻生産業山田炭鉱 >>

三井山野鉱業学校練習坑道

 小舟鉱業所新坑からすぐ近くの所に、稲築町(現・福岡県嘉麻市)町制40周年記念公園があります。小高い丘全体が公園になっており、その丘の麓に三井山野鉱業学校の練習坑道が残っています。

三井山野鉱業学校練習坑道

 練習坑道の入口は、雑草に埋もれるように遊歩道の脇にありました。脇には簡単な説明が書かれた案内板も立てられています。

三井山野鉱業学校練習坑道

 案内板によると、三井山野鉱業学校とは山野炭鉱の中堅技術者育成を目的とした学校で、この練習坑道はその生徒達が採鉱実習で昭和32年から3年かけて作ったそうです。完成後は木枠組や採掘などの実習、坑内火災などの災害救助の訓練に使われていましたが、昭和36年1月に同校は閉校に。しかしその後も昭和48年まで、坑内災害の救助活動訓練に使われていたそうです。救助訓練といえば、直方市石炭記念館の訓練坑道も現存していますが、全ての坑道が実際に地下に作られている点が異なります。

三井山野鉱業学校練習坑道

 柵の隙間から覗いた坑道内の様子。石炭を積んだトロッコや坑木などが見えます。内部の一般公開などがあれば面白そうですね。

三井山野鉱業学校練習坑道

 こちらは丘の中腹にある、もうひとつの坑口。練習坑道には高さの違う2つの坑口があり、それぞれから水平坑道が伸びています。その高さの異なる水平坑道を、斜坑(斜度11度)と切羽(斜度13度)が結んでおり、ロの字の形に坑道が繋がっています。

三井山野鉱業学校練習坑道

丘の頂上部付近にあるコンクリートの構造物。特に説明はありませんが、おそらく練習坑道の換気口だと思われます。


 同公園内には、小舟鉱業所が山野炭鉱に合併吸収されるきっかけとなった、昭和40年の山野炭鉱ガス爆発事故(237名死亡)の慰霊碑もあります。


【関連記事】
雑記帳・小舟鉱業所新坑坑口
雑記帳・直方市石炭記念館

【関連サイト】
日本の鉱山」> 福岡県 > 三井山野炭鉱 その3
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

わざわざ練習するんですか!
それだけ当時は炭鉱で働く人がいたって事ですかね
危険と隣り合わせの仕事だから練習も必要だった
のかもしれませんね
パヤシ | 2008/06/06 11:36 PM
>パヤシさん

確かに現在では考えにくいかもしれませんね。
実習以外にもどのような授業があったのか
いろいろと気になる学校です。
ゴン太@管理人 | 2008/06/08 12:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
災害救助 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
【災害救助】についてブログや通販での検索結果から見ると… | 気になるワードを詳しく検索! | 2008/06/10 3:15 PM
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会