マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 麻生産業山田炭鉱の索道について | ブログTOPへ | 書籍「廃墟という名の産業遺産」 >>

三井三池炭鉱大浦坑

 三井三池炭鉱の坑口の中でも最古級の大浦坑。安政4年(1857年)に開坑し、明治6年からの官営時代を経て三井に払い下げられた後、大正15年に閉坑しました。その大浦坑の記念碑が、旧三井港倶楽部の敷地片隅に建っています。

旧三井港倶楽部に残る大浦坑遺構

 コンクリートの台座の上に煉瓦のアーチ。台座部分に埋め込まれている石板には大浦坑の大まかな歴史のようなことが書かれていました。

旧三井港倶楽部に残る大浦坑遺構

 何時、どのような経緯で建造されたのか、煉瓦部分は当時の遺構なのかなど、詳しいことはわかりません(汗)。「大浦坑遺址」の隣には、閉坑された年月の「大正十五年二月」と「団琢磨」の文字も。ん?「大浦坑遺址」ってことは、元々この記念碑は大浦坑の跡地にあったのではないでしょうか?何故ここに?ところで大浦坑ってどこだろ?そう思ってWeb上で検索してみると…。

 閉坑してから82年。坑口の痕跡は残っているはずもないと思っていたところ、Webサイト「日本の鉱山」で紹介されていました。なんとゴミ埋立処分場になってしまっているにも関わらず、その坑口の痕跡がちゃんと残っているようです。今回はそれを参考にさせていただき、現地を訪れてみました。

三井三池炭鉱大浦坑

 谷間を埋め立てるように造られた「大牟田市一般廃棄物最終処分場」のコンクリート壁に残るのが、第一斜坑の痕跡。随分手前でゲートがあり近づくことはできませが、金網越しにその痕跡を見ることはできます。

三井三池炭鉱大浦坑

 ダムのような巨大なコンクリート擁壁の下端に、わざわざコンクリートで庇のようなものが作られているのが、どういう意味なのか気になります。よく見ると庇の内側のコンクリート壁は色が違うので、はじめは坑口が開いていたのかも。

三井三池炭鉱大浦坑第二斜坑跡

 数十メートル離れた場所にあるのが第二斜坑のようです。こちらも閉塞されていますが、コンクリートの色合いから見て閉塞されたのはそんなに昔ではないのでは。

 現地を訪れてみて思ったのですが、旧三井港倶楽部にある大浦坑の記念碑は、埋立処分場の建設に伴って現在の場所に移設されたのではないのでしょうか。坑口跡の近くに残しておいても良かったと思うのですが、周辺は清掃事務所や市の施設などが密集して造られたので移設されたのかも。ご存知の方いますか?



【参考・関連サイト】
日本の鉱山」> 福岡県 > 三井三池炭鉱 > 坑口マップ > 大浦坑

【関連記事】
マップ・旧三井港倶楽部
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

港倶楽部の大浦坑遺址碑は大浦坑の油倉庫のレンガ壁(明治14年製)を移設したものときいています。閉坑が大正15年2月で、その後にこの碑が立てられたようです。また、台座がある周りの囲い石は蒸気動力機械の台座跡の廃材ともいわれています。
http://www.omuta-arao.net/history/tanko/ooura.html
(うちの中野理事長が調べたものです)

コンクリートの坑口跡はそこの付近に大浦坑坑口があったことを示すもので、実際にはもっと奥にあるとのこと。処分場を壊して発掘すれば、たぶん本物の坑口跡や地下への坑道跡が出てくるのでしょうね。
本当にやったら有害物質が流出してきて怖そうです...。


たんと | 2008/07/10 10:09 PM
あ、処分場建設で移設されたのではなく、昭和初期に港倶楽部に既にあったようですね。
たんと | 2008/07/10 10:13 PM
>たんとさん

いつも詳細情報ありがとうございます!
なるほど、コンクリートの坑口跡は本物の痕跡ではなく、シンボル的な目印の様なものと思えばよいのでしょうか。でも本物の坑口跡は、大量の廃棄物の下に埋もれていると思うとなんだか悲しいものですね。

また碑は昭和初期に現在地に在ったのであれば、閉坑後間もないことから移設ではなく初めからあったのでしょうね。
ゴン太@管理人 | 2008/07/10 11:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会