マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 三井三池炭鉱大浦坑 | ブログTOPへ | JR豊肥本線 赤水駅 >>

書籍「廃墟という名の産業遺産」

 最近、書店でも“廃墟系”の出版物が置いてあるのを随分目にするようになりました。いずれもビジュアルを中心に置いた本が多いのですが、今月下旬にインディビジョンから発売される「廃墟という名の産業遺産」は、ビジュアル面だけでなく、その廃墟の歴史、社会的な背景にも目を向けたものになっています。また、取り扱う対象を産業遺産に絞ってある点も大きな特徴でしょう。

「廃墟という名の産業遺産」
■先行発売日(インディヴィジョンホームページ)/2008年7月23日
■一般書店発売日/2008年7月下旬
■定価/2,400円+税

廃墟という名の産業遺産

■内容
 日本の領土だった頃の巨大製紙工場が残るサハリン(樺太)の貴重な内部画像から、国内の巨大工場跡や旧財閥の炭鉱跡、そして沖縄本土から200厠イ譴仁ヅ腓泙如
 巨大工場・離島・樺太(サハリン)・旧財閥・水の施設・斜陽産業の町をキーワードに、廃墟となった産業遺産を徹底紹介!!
『廃墟漂流』『最終工場』で著名な写真家・小林伸一郎によるフォトグラビア、『廃墟の歩き方』の廃墟探索家・栗原亨、『ワンダーJAPAN』編集長・関口勇らの語る「廃墟と産業遺産」も収録!!
208ページ・オールカラー、美しい廃墟フォト満載で、超レア物件含む全40スポットを詳細マップ付きで、ギュッと詰め込みました!!

■詳細情報と購入・予約申し込み
 「株式会社インディヴィジョン」> 廃墟という名の産業遺産
 この「廃墟という名の産業遺産」では、私も執筆者の一人として3つの物件を写真と共にレポートしています(内一つは写真とキャプションのみの短いもの)。廃墟としてのビジュアル的な面白さだけでなく、歴史的背景を知ることで産業遺産の魅力を感じてもらい、多くの人に関心を持ってもらえたらと思います。
オススメ! | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

とりあえず、本文見る前に買ってしまう内容なのですが、、、
ええっと、著者から直接購入できますか? どうも予約サイトから注文したくなかったり、、、(笑)
庵田 | 2008/07/16 1:12 AM
ご無沙汰しております。
面白そうですね。ゴン太氏が執筆されておられるのですか?!
これは、早速【買い】ですな。
最近、新潮社から刊行中の鉄道地図本が面白く、地図を見ながら脳内旅行をしております。 笑
ずんさま | 2008/07/16 10:18 AM
ゴン太さま、こんにちは。
はじめてお目にかかります。yossyといいます。
構造物が好きであちこちネットサーフィンしていたら、こちらにたどり着きました。
いや、凄いの一言です。
熊本在住ですが、九州だけでもこれだけの遺産?があることにまず驚き、先人達の偉業に感動しました。
紹介されている場所の中でも知っているところはあったのですが、そこまで深く掘り下げて考えたことは無かったです。

もし予約特典がいただけるなら、私も管理人さまより購入したいです。ぜひサイン付きで(笑)
yossy | 2008/07/16 1:54 PM
>庵田さん

すみません。私の手元にはありませんので、直接購入されたほうが早いかもしれません。福岡でしたらジュンク堂などの大型書店で購入できるようです。

>ずんさまさん

おひさしぶりです。お元気でしたか?
>ゴン太氏が執筆されておられるのですか?!
多数いる執筆者の中の一人として記事を書いています。専門的なものとは違い、いろんな人が様々な目線で産業遺産を紹介しているのが面白そうです。
>新潮社から刊行中の鉄道地図本が面白く
それって「日本鉄道旅行地図帳」のことですか?検索してみて初めて知ったのですが、確かに面白そう!正縮尺の路線地図って確かにいままで無かったし、なにより「旅客鉄道の全廃線を網羅」という部分で私的に【早速買い】です(笑)。

>yossyさん
はじめまして。私もはじめはyossyさんと同じで、九州や熊本だけでも多くの遺産が残されていること知ったときにはとても驚き感動しました。それがきっかけとなり、のめりこんでしまいました(笑)。また本の購入の件ですが、私の手元にはありませんので、申し訳ありませんが直接購入されたほうが早いと思います。それでは今後とも宜しくお願いいたします。
ゴン太@管理人 | 2008/07/17 12:12 AM
母親が旧樺太出身でして、墓参を名目に引っ張りだそうと画策しているのですが、どうもあまり思い入れがないようで、うまくいきません(苦笑)。小作人を使って、結構大きく農場をやっていたらしいのですが。祖父母も亡くなり、母親の兄弟にいろいろ話を聞いてはみるのですが、欲しい情報が出てきません。

今回の「廃墟という名の産業遺産」の、付録が非常に気になります。「過度の期待はご法度です」とありますが……。旧樺太には、奉安殿が多く残っているのですよね。
前村 | 2008/07/22 11:37 PM
>前村さん

樺太の記事は私も気になっていました。本日手元に本が届いてざっと目を通しましたが、樺太に行ってみなくなりました。日本時代に造られた工場が一部転用されながらも、かなり廃墟としてそのままになっているのには驚きでした。

樺太に限らず、戦前に日本が支配していた地域に目を向けると面白いかもしれませんね。私個人としては北朝鮮にある日窒関連の工場など気になるのですが…。きっと奉安殿などもあるんでしょうね。
ゴン太@管理人 | 2008/07/24 11:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会