マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< あと少し… | ブログTOPへ | 戸馳島灯台・寺島灯台 >>

「三井石炭原万田アパート」の門

 ユネスコの世界遺産暫定リストに記載された「九州・山口の近代化産業遺産群」のひとつであり国指定重要文化財でもある万田坑(熊本県荒尾市)が、大規模な補修工事を終え本日4月25日に一般公開されました。

 私は機会があるごとに何度も万田坑を訪れて見ていたのですが、周辺の公園化などその変わり様(コレについてはまたいつか)には毎回驚いておりました。それと同時に気になっているのは、最近になって周辺の“炭鉱遺産”がいくつか姿を消していっていること。

 今回のタイトルにある「三井石炭原万田アパート」の門もその一つです。当ブログで2007年7月に紹介していますが、アパートの入口に建てられた鉄製の門に「三井石炭原万田アパート」という文字が残されていました。初めて見た時には、“三井”という文字と“石炭”という文字が未だに残っていることに随分と感動したものです。

三井石炭原万田アパートの門

 国道208号を車で通っているとよく見えるので、いつもその前を通るときには存在を確認していました。それが先月(2010年3月)末に前を通ってみると無くなっているではありませんか。今年の2月にはあったのに…。見間違いか勘違いかとも思いましたが、門があった場所の地面には錆が作った赤いシミだけが残っていました。老朽化による倒壊の危険があったのかもしれませんが、こうしてひっそりと「石炭」の文字が消えていくのは寂しいものですね。

【関連記事】
「雑記帳:三井石炭原万田アパート
遺産探訪/炭鉱関連 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ここ、週に1回程度は通るのですが、気づいたのは4月になってからでした。もう少し前に撤去されたのかなぁ...。この南西の平井への線路分岐後のガード跡(郵便局付近)の100mくらいの線路敷土手も最近無くなりました。
たんと | 2010/04/26 5:58 AM
また、ひとつ寂しくなりましたね〜(泣)
M@VERICK | 2010/04/26 2:31 PM
>たんとさん

>M@VERICKさん

確かに線路の築堤も随分と削りとられていますね。新たな発見を期待して見て回っているのですが、無くなったことに気が付くことも多く寂しいものです。
ゴン太@管理人 | 2010/04/29 2:55 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会