マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 【告知】歴史の道・菊池川河畔をあるこう | ブログTOPへ | 熊本バス ブルドッグ30-45号車 >>

熊本市水道記念館

 熊本市の水道は、天然の地下水を水源として大正13年に給水を開始。阿蘇山からの豊かな伏流水が熊本市の地下に流れており、以来85年間も地下水のみを水源として給水を続けています。なんでも人口70万人を超える都市で、水道の水源全てを天然地下水でまかなっているのは熊本市だけだとか。水道の水は確かにおいしいです。

 水源となる井戸(水源施設)は現在市内21か所にありますが、その中のひとつ「八景水谷(はけのみや)水源地」には大正13年の上水道創設時に造られた第二井送水ポンプ室の建物が残されています。

熊本市水道記念館

 創設時の八景水谷水源地には、第一井送水ポンプ室(現存せず)と第二井送水ポンプ室のほぼ同じ外観の煉瓦造平屋の建物が2つ建てられました。昭和42年、第二井送水ポンプ室に替わる新たなポンプ施設が出来たことにより、その役目を終えますが、昭和49年に上水道創設50周年を記念し「水道記念館」として生まれ変わり一般公開されます。

 しかし平成2年に同敷地内に「水の科学館」がオープンしたことにより閉鎖。しばらくは倉庫などとして使われていたようですが、平成9年に登録有形文化財になり、平成16年には創設80周年を記念して修復されるなどし、以降はイベント時などに限定的に公開されています。

 この建物、以前からとても気になっていたのですが、水道施設群の敷地内にあるため高い柵ごしでしかその姿を見ることができず、一般公開される機会を長い間うかがっていました。ところがこの度、「くまもと水道ウイーク」という熊本市のイベントで内部が公開されることを知り、念願かなって見に行くことができました。

熊本市水道記念館

 入口は西側の1か所のみで、ほか3面は上げ下げ窓が4つと上部に明かり取りの窓が2つずつの、ほぼ同じ形状になっています。屋根の曲線がよい雰囲気をだしていますね。

熊本市水道記念館

 内部は漆喰の壁に加えて天井も白く塗装されているので、とても明るく感じます。当日は平日の昼間にも関わらず、次々と見学者が訪れていました。

熊本市水道記念館

 室内のほぼ中央には、スイスのズルザーブラザーズ社製の送水ポンプとモーターが大正13年の創設時のままに展示されています。写真の向かって右奥がポンプ本体で中央左がモーター。左端の角が生えた円柱状のものは変圧器のようです。

熊本市水道記念館

 さて、建物のディテールを観察していてあることに気が付きました。煉瓦壁上部のモルタルで仕上げられている部分に明かり取りの窓があります。建物の4面にそれぞれあるのですが、ふと「内部はどうなっていたのか?」と思いもう一度建物の中へ戻ってみました。すると…

熊本市水道記念館

 なんと内部の天井部分には、明かり取りの窓なんてどこにもありません。また天井裏と実際の屋根の形状も違っています。屋根の形状と明かり取りの窓は外観上のデザインのためだけのもの、ってことなんでしょうか?もしデザインを優先しただけのものだとしたら、それはそれでステキかも(笑)。

熊本市水道記念館

 その他にもモルタル壁の模様や入口の庇の持ち送りなど、細かな部分にまで装飾を見ることができます。大正時代の熊本において、上水道開設は近代化へ向けての大事業。ポンプ室のひとつにも力が入っていたことがひしひしとこの建物から伝わってきました。



【関連サイト】
熊本県」> 水道記念館 熊本市
文化遺産オンライン」> 熊本市水道記念館(旧八景水谷貯水池ポンプ場) 

【参考文献】
「熊本県の近代化遺産 近代化遺産総合調査報告書」熊本県教育委員会
「平成22年度版 熊本市水道局 八景水谷水源地の歴史」パンフレット
遺産探訪/建築・土木関連 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

水道にかかわる者としては、ポンプに目が行きそうですが、やはり建物に興味がわきますね。
むかしの公共施設ってどうして、こうまでデザインが凝っているのでしょうか?それも関係者以外立ち入れないところなのにね。関心させられます。
熊本市が井戸水オンリーなのはすごいなと思いました。
まるか | 2010/06/12 7:15 PM
熊本市の施設としては、このような建物は少ないですね。煉瓦であること、屋根が特徴的であることなどからとても気になっていました。

>熊本市が井戸水オンリーなのはすごいなと思いました。

熊本市にお越しの際は、水道水をじっくりと味わってみてください(笑)。
ゴン太@管理人 | 2010/06/14 1:55 AM
水だいすきなので、助かります。ははは。
まるか | 2010/06/27 12:33 AM
是非、ペットボトルに汲んで帰ってください(笑)
ゴン太@管理人 | 2010/06/28 1:31 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会