マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ
<< 熊本市水道記念館 | ブログTOPへ | 藤本発電所(廃) >>

熊本バス ブルドッグ30-45号車

 熊本県内で路線バス・貸切バス事業を展開している「熊本バス株式会社」には、全国でもただ1台という珍しいバスがあります。

熊本バス ブルドッグ

 このバスは昭和57年6月製造の三菱自動車工業製K-MP118K。一見すると何の変哲もない普通の路線バスですが、その正面の顔つきから「ブルドッグ」の愛称で全国のバスファンの人気を集めています。昭和58年前後には生産が終ったモデルで、全国の路線で活躍していた「ブルドッグ」も次第にその数を減らしていきます。そして現在、現役で活躍しているブルドッグは、全国でも熊本バス株式会社のこの1台だけとなっているのです。

熊本バス ブルドッグ

 実走行値なのか確認はしていませんが、メーターは92万kmを回っている様子。28年間で地球を23周ってところでしょうか。速度計の針とアナログ時計の針が同軸になっているのが“メーターフェチ”にはたまりません(笑)。

熊本バス ブルドッグ

 とても古い車両のはずですが、細部にわたりご覧の美しさ。実は少し前に再塗装をしたばかりだそうですが、この美しさの秘訣はそれだけではないようです。熊本バスでは車両ごとに担当者が決められており、運転をするだけでなく洗車や日常点検までも受け持つとのこと。このバスを見ていると担当者が愛情込めて接していることがよくわかります。だからこそ、今でも現役で走り続けられる訳ですね。

熊本バス ブルドッグで甲佐駅跡にて

 実はこれ、今年3月に開催された「熊本バスブルドッグで訪ねる熊延鉄道跡探訪」という熊本産業遺産研究会とバス愛好家によるイベントでのひとコマ。熊延鉄道とは、JR南熊本駅(熊本市)から砥用町までの28kmを結んでいた鉄道。熊本から宮崎県延岡市までを結ぶ計画だったことから社名は“熊延”となっていましたが、昭和39年に鉄道事業は廃止になります。そして社名を「熊本バス」に変更し現在に至っています。

 今回の企画では熊延鉄道OBや熊本バス関係者、熊延鉄道専門サイトともいえる「You−enてっど」のてっどさんも参加。移動するブルドッグ号の中では、関係者の方々の貴重な話で大盛り上がり。今回はじめて知る熊延鉄道遺構も沢山あり、とても楽しいバスの旅となりました。

熊延鉄道 南熊本発砥用行きの切符

 車内では、参加者の皆さんが持ち寄った写真や資料など貴重な品々が回覧されていました。写真は南熊本-砥用間の切符。

熊本バス ブルドッグ

 このブルドッグ、路線バスとしての設備は整っているものの現在は小学校のスクールバスとして活躍しているそうです。毎日乗る子どもたちは、このバスが“実は特別なバス”って知っているのかな?

【関連記事】
雑記帳・熊延鉄道遺構

【関連サイト】
You−enてっど
熊本バス
熊本バス(wikipedia)
熊延鉄道(wikipedia)
遺産探訪/その他 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

バス、きましたね。
鉄道よりも深い部分がありますね。
鉄道ジャーナルのバスコーナーが実は楽しみだったりします。ひひひ。
まるかさん | 2010/07/09 11:28 AM
>まるかさん

参加者のほとんどがバス愛好家。“バス”の魅力と楽しみ方を教えていただきました。
それにしてもこのバス、見事な仕上がりでしたよ。
ゴン太@管理人 | 2010/07/13 8:13 AM
わたしの地元のバスと言えば西鉄なのですが、その関連会社である西日本車体工業という会社があります。
詳しくは知らないのですが、ボディのみを作っている会社のようです。西鉄のみならず日本中のバス会社に納入していたようで、工場の横を通って見れば知らないバス会社の車体がたくさん並んでいました。
が、調べてみると今年中に会社は解散するとのことでした。あらら。
まるかさんっす | 2010/07/29 9:17 PM
わたしの地元のバスと言えば西鉄なのですが、その関連会社である西日本車体工業という会社があります。
詳しくは知らないのですが、ボディのみを作っている会社のようです。西鉄のみならず日本中のバス会社に納入していたようで、工場の横を通って見れば知らないバス会社の車体がたくさん並んでいました。
が、調べてみると今年中に会社は解散するとのことでした。あらら。
まるかさんっす | 2010/07/29 9:22 PM
あら、2度送信されました。
ごめんなさい。
まるかさんっす | 2010/07/29 9:24 PM
>まるかさんっすさん

西日本車体工業の解散のニュースは残念なことですね。
なくなる前に工場見学でも出来ればよかったと思います。
ゴン太@管理人 | 2010/08/23 11:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会