マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ TOPページへ 九州ヘリテージ

九州の近代化遺産・産業遺産を見て・調べて・紹介!するブログ

旧三川電鉄変電所

 tksさんとの大牟田市近代化遺産巡りシリーズの第二弾は、旧三川電鉄変電所です。三池港の近くに位置するこの煉瓦造の建物は、明治42年に炭鉱鉄道の電化に伴い変電所として建てられました。

旧三川電鉄変電所

 長い間、炭鉱電車へ電力を供給してきましたが、三井三池炭鉱閉山に伴いその役目も終わると解体されるという話が持ち上がります。その危機を救ったのが(株)サンデンという電気工事の会社。同社が変電所跡を買取り、建物も本社社屋兼倉庫として使うということになり難を逃れることに。

旧三川電鉄変電所

 建物は出来るだけオリジナルを残すという方向で修復されており、外壁、構造壁などにも手は加えられていないそうです。当日は突然訪問したのですが、親切に社長さん自ら内部の案内もしていただきました。ありがとうございました。

旧三川電鉄変電所

 内部の形状も変えることなく修復しているとのこと。連続する白いアーチが美しいですね。また、元々は変電所ですので壁には三相交流の電線が出入りする3組の穴が複数あります。本来は碍子が入っている穴ですが、現在は社長の奥様が趣味で作られたステンドグラスが代わりに入っていす。

旧三川電鉄変電所

 オリジナルの姿を維持しつつ、このように良好な状態で保存・活用されている例は多くはないでしょう。平成12年12月に国の登録文化財になっています。

【関連記事・5/19大牟田荒尾近代化遺産巡り】
三井三池炭鉱宮原坑一般公開
トータル・クリスチャン・チャーチ
三井三池鉄道 01
三井三池鉄道 02

【関連サイト】
ALL-A」> 大牟田市の近代化遺産巡り
大牟田の近代化遺産」> 三川電鉄変電所
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

サッポロビール旧九州工場

 私が九州内で見た最大規模の煉瓦建築物は、サッポロビール旧九州工場の醸造棟です。写真で見たことはあったのですが、実物を見てみるとその巨大さに圧倒。よくぞこんなに煉瓦を積み重ねたものです。(写真は全て夕陽に照らされているために色調が変になってしまいました)

旧サッポロビール醸造棟

 煉瓦造7階建、建築面積約1211.73平方メートル、延床面積3029.33平方メートル。内部にはドイツ製の醸造装置などが残されているそうです。

旧サッポロビール醸造棟

 福岡県北九州市のJR門司駅北口に隣接するように位置するこの建物は、大正2年に帝国麦酒門司工場として竣工し「サクラビール」の生産を開始。以後「桜麦酒」「大日本麦酒」「日本麦酒」「サッポロビール」と企業名称は変わりながらもビール工場として操業されてきましたが、平成12年にサッポロビールの新工場が大分県日田市に完成し移転したために87年の歴史に幕を落とします。

旧サッポロビール醸造棟

 工場跡地には複数の貴重な煉瓦建築物が残っているため、それらの保存・活用についてサッポロビール株式会社、北九州市、地元の有志などで協議されることに。平成14年に北九州市が「れんが工房のまち」としての位置づけを示し、この煉瓦建築物の保存・活用・運営を行うNPO法人もつくられました。

 そして現在、工場跡地にあった4つの煉瓦建築物はそれぞれ「北九州市立門司麦酒煉瓦館」「赤煉瓦物産館」「赤煉瓦交流館」「旧醸造棟モニュメント」として保存・活用され、全体を「門司赤煉瓦倶楽部プレイス」として北九州市とNPO法人門司赤煉瓦倶楽部により運営されています。

 こちらは醸造棟に隣接する「北九州門司麦酒煉瓦館」。大正2年に事務所棟として建てられたもので、現在はビール工場の博物館として活用されています。


 2階建で、建築面積210.74平方メートル・延床面積446.27平方メートル。醸造棟とは少し趣の異なる建物で、装飾なども細かく施されています。


 この巨大な醸造棟は老朽化が激しいために、内部の一般公開は行われていません。しかし貴重な古い醸造機器などもそのままらしいので是非内部を見てみたいと思っていたらステキなイベントを発見!
国登録有形文化財登録記念 旧サッポロビール醸造棟一般公開
日時:2007年5月27日(日) 入場無料・120名様限定・要事前申込
詳細はコチラ(門司赤煉瓦プレイスWebサイト内イベント告知ページ)
このような情報ってこまめにチェックしておかないと見逃してしまいがちですねえ。今回はこの記事を書くために、たまたま門司赤煉瓦プレイスWebサイトをチェックしていてこのイベントを知りました(汗)。

関連サイト:
門司赤煉瓦プレイス
地域文博 高炉館

参考文献:
北九州の近代化遺産
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(4) | trackbacks(1)

沈堕発電所跡

 水墨画家の雪舟が室町時代に描いた「鎮田瀑図」。そのモデルとなったのが大分県豊後大野市にある沈堕の滝です。現在、沈堕の滝はすぐ上流に九州電力の取水堰が作られており、滝自体も人工的に補強が加えられています。それでも川幅いっぱいに広がった滝の迫力は満点。遊歩道が整備されすぐ近くでその光景を楽しむことができます。

沈堕の滝

 その沈堕の滝の落差を利用した水力発電所が、すぐ下流に造られたのは明治42年のこと。大分〜別府間に電車を走らせるために豊後電気鉄道株式会社により建設されました。大正5年に九州水力電気株式会社と合併しますが、後の鉄道事業に対する投資が経営を圧迫することに。結局、鉄道部門は切り離され別府大分電鉄株式会社へ事業が移されます。この会社が現在の大分交通株式会社のルーツとなりました。

沈堕発電所跡

 奥が沈堕の滝。手前が発電所の遺構。周辺は遊歩道が整備されており、石組みの発電所の遺構もすぐ近くで見ることができます。右側に水路跡があり、そこから川側にある発電所へ水が流れていたことがわかります。

沈堕発電所跡

 発電所の入口。窓も含めて全てアーチが美しく組まれています。足元はかなり悪いので注意が必要。

沈堕発電所跡

 建物内部へ入ると、水路側に3つの丸い穴が見えます。上部水路から鉄管で発電機の水車へ水が導かれていたことがわかります。穴のコンクリート面には鉄管のリベット痕が残っており、床の発電機の位置には大きな穴がありあます。

沈堕発電所跡

 川側から。石垣下部の3つの穴は排水口。中を覗いて見ましたが、安全のためかコンクリートできれいに塞がれています。

沈堕発電所跡

 石組みの壁は驚くほどにしっかりとしていました。どこも崩れることなく当時のままの様子。屋根を乗せて窓を付けたら、まだまだ問題なく使えそうです。

 沈堕発電所は廃墟となっても水路と水槽部分、発電所と排水口などの施設の位置がわかりやすく残っています。また周辺は散策が楽しめるよう整備もされており、鹿児島県大口市の曽木発電所遺構と同じように産業遺産が観光に取り入れられている好例といえるでしょう。
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

三菱重工業株式会社長崎造船所 史料館

 長崎市にある三菱重工業株式会社長崎造船所は、安政4年(1857年)に徳川幕府によって同地に設立された長崎鎔鉄所が起源になります。明治維新後は官営となり、明治16年には工部省長崎造船局になります。翌年の明治17年、海運会社の経営をしていた三菱の創業者岩崎彌太郎が工部省長崎造船局を借り受け造船事業に着手。この年が三菱重工業の創立の年になりました。明治20年には三菱に払い下げられ、その後は造船やプラントの製造などの重工業で発展していくことになります。

三菱重工業株式会社 長崎造船所 史料館外観

 三菱重工業株式会社長崎造船所の敷地内に、安政4年(1857年)の長崎溶鉄所創業開始時からの資料を展示している史料館があります。この鮮やかな赤煉瓦造の建物は、鋳物の型に使用する木型を作る工場として明治31年に竣工。昭和60年に史料館として改装されました。

三菱重工業株式会社 長崎造船所 史料館展示物

 写真左手前にある白い工作機械は安政4年に幕府がオランダから輸入した竪削盤で、日本最古の動力工作機械として国指定重要文化財に指定されています。館内は時代やテーマごとにエリアが分けられ、工作機械、巨大なエンジンやタービンの実物、写真パネルなど約900点の展示物があります。ひとつひとつの展示物をじっくりと見ていくのは結構な時間が必要。かなり見ごたえのある量です。

三菱重工業株式会社 長崎造船所 史料館の天井

 展示は建物の1階部分のみですが、一部吹き抜けがあり二階部分と屋根を支える木製トラスの様子を見ることができます。写真中央の2本の柱は別棟の工場で使われていた鋳鉄製の柱で、明治初期のものと推定。

 史料館は造船所敷地の一番奥にあり、見学の際は事前に申し込みが必要です。正門から史料館までの間、工場群の中を通るのですが、タービンとか建造中の船などを間近に見ることができそれらの大さと迫力には驚かされます。しかし史料館以外は、写真撮影と立ち入りが一切禁止とのことなので注意が必要です。
見学については史料館TEL.095-828-4134まで。入場は無料です。

関連サイト:
 「三菱重工業株式会社」> 企業情報 > 会社紹介 > 沿革
 「三菱重工業株式会社長崎造船所」> メニューより「史料館」
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

カザレー式アンモニア合成塔

 宮崎県延岡市は旭化成株式会社の発祥の地であり、現在も多くの工場や関連会社などがあります。その中のひとつ、旭化成薬品工場の敷地内に"カザレー式アンモニア合成塔"が展示保存されています。

カザレー式アンモニア合成塔

 旭化成のルーツは日本窒素肥料株式会社(現・チッソ)にあります。延岡の旭化成薬品工場は大正12年に日本窒素肥料の延岡工場として建設され、創業者の野口遵がイタリアで特許を買ったカザレー式アンモニア合成法を世界で初めて実用化した工場です。記念広場に展示してある装置は当時のもので、銀色の合成塔は英国アームストロング社製、圧縮機はイタリアのフィレンツェ社製。この装置を使った新しいアンモニア合成法の成功により延岡ではベンベルグ、レーヨン、火薬などの化学工場が次々と建設され大きく発展してくことになります。戦後、財閥解体のもとに日窒から企業分割されることになり、延岡工場は昭和21年に旭化成工業として再出発し現在に至っています。

カザレー式アンモニア合成塔 圧縮装置など

 宮崎県延岡市で実用化されたカザレー式アンモニア合成法。実は熊本県八代市(旧・鏡町)に大正15年まで操業していた日窒鏡工場にて行う予定のものでした。鏡町ではカザレー式新工場の起工式まで行われましたが、最後まで地元の承認が得られず建設は断念。急遽建設地を変更することになりますが、発電用の水資源が利用しやすいということなどから宮崎県延岡市に建設されました。

旭化成薬品工場

 現在の旭化成薬品工場の入り口。この建物も大正12年の工場竣工時からのものです。以前紹介しましたが、他にも工場敷地内には当時の建物が多く残されています。
 日本窒素肥料株式会社と創業者の野口遵、日窒鏡工場については当サイトの「報告書」にて「曽木発電所遺構」「日窒鏡工場・小千代橋」のレポートでも触れていますので興味のある方はどうぞ。
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

鮎帰発電所跡

 廃発電所が続いたついでにもう一つ。以前掲示板でも紹介しましたが、熊本県で最古の水力発電所が奇跡的にも現存しています。熊本県八代市(旧・坂本村)にある鮎帰発電所です。この発電所は当サイトでも紹介している旧・坂本村にあった製紙工場(九州製紙) 付属の発電所で、1909年(明治42年)に竣工しており、やがて100年たとうとしています。出力は最大408kwと小さなものでしたが、近くにある深水発電所と共に昭和63年の工場閉鎖まで発電をしていました。

鮎帰発電所跡全体

 発電所なのに木造というのも面白いですが、よく見てみると細かなところに装飾が施されて凝った造りになっています。

 まず、すぐに目に付くのは屋根の上の飾りです。建物の入り口は車寄せになっているのですが、その小さな屋根にも同じ様に飾りがあります。また窓枠にもシンプルながらデザインが施されています。

鮎帰発電所 屋根飾り

 実はこの廃発電所、他の廃発電所にないスゴイ特徴があります。なんと建物の内部には、建設当時の発電機や水車などがそのまま残っているのです。なにもかもが100年前と変わらず残っているという点では、とても貴重な文化財にならないでしょうか。廃止になって20年近くなりますが、よくぞ残っていたものです。しかしこの先、将来にわたり保存していくためには、何かしらの活用方法を見つけなければいけないと思います。

鮎帰発電所 表札

現在、この鮎帰発電所は深水発電所と共に、日本製紙株式会社の所有になっています。
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

緑川発電所跡

 廃発電所ってやっぱグッときますよね、ってことで、もう一つ廃発電所を紹介。熊本県美里町(旧・砥用町)の緑川沿いにあるこの廃発電所は、大正5年から大正6年にかけて建設された日本窒素肥料株式会社(現・チッソ株式会社)の緑川発電所跡です。

緑川発電所跡全体

 RC構造のようですが、意匠は大正3年につくられた同社の煉瓦建築の白川発電所や曽木発電所のそれとソックリです。現在屋根などを増築されており、建設業者の資材倉庫のような感じで使われています。建物外観自体には特に手を加えられた形跡はなく、極めてオリジナルの形状を保っているようで好感が持てます。

 建設当時は緑川電力として日窒の鏡工場に4,700kwの電力を供給していました。ある意味、この廃発電所も日窒鏡工場の関連遺構になりますね。昭和43年に、緑川ダム建設により取水口が水没するために廃止されました。

緑川発電所

 廃発電所ってそれほどあるとは考えていなかったのですが、意外とあるものなんですね。しかしどれも偶然に見つけたものばかりで、探すいい方法なんてあるのでしょうか。みなさん、私の知らない“廃発電所”あったら教えてくださいね(笑)。
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

大渕発電所跡

 福岡県南部に位置する黒木町に、ずっと昔から気になっていた物件がありました。主要道路沿いにある古いRC構造の倉庫のような建物なのですが、なんとなく“発電所”跡なのではないかとにらんでいました。過去2度ほど近くを車で通っており、その時は通り過ぎながら見ていただけでしたが、今回ちゃんと見てまいりました。
 たまたま建物の前に地元の人がいたので、いろいろと話を聞くことができました。まず案の定「ここは水力発電所だった」ということが判明。現在は地区共用の倉庫として利用されているとのこと。いつまで稼動していたかなどは知らないとのことでしたが、現在は発電機などの機器類は全くなく建物だけが倉庫として使われているということでした。

大淵発電所跡

 この発電所跡に関しては文献や記録など調べてはいないので、なにも詳しいことは分かりません。ただ、建物の近くの藪の中に「大渕発電所跡」と記された石碑があり、ありがたいことにその石碑の裏に簡単な説明が残されていました!

 それによると、この発電所は三潴郡北部の耕地整理地区(現在の土地改良区?)が灌漑用電源として作ったもので、大正14年に出力1500kwの“全国唯一の農業開発電源”として竣工したと記されています。昭和37年に福岡県の「矢部川総合開発」に協力する形で閉鎖となり現在に至っているとのこと。
 建物裏手の山側には水管などは残っていないものの、水管を支えていたコンクリート製の台座や基礎が斜面に確認できました。

水管基礎

 コンクリートの内側には水管のリベットの跡が残っており、その古さというか、造られた時代を感じさせます。

リベットの跡

 水管の跡が付いたコンクリートの穴の径は軽く1mを上回っています。結構規模の大きい発電所だったようです。

 今回、昔から気になっていた物件が、予想通りの“水力発電所”とわかり大満足でした。しかしなんといいますか、廃発電所って私には「グッと来る」のですが、みなさんはいかがですか?(笑)
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

日窒カーバイト工場跡

掲示板でも話が出ていますが、ここで「最近見てきたシリーズ」の中から日窒関連の物件を1つ紹介します。

 日本窒素肥料株式会社が明治42年に初めて作ったカーバイト工場の建物が、熊本県水俣市にまだ残っています。煉瓦の建物だということで見てみたいと思っていたのですが、ようやく先月になって見に行ってきました。
 現在は日窒とは関係のない別の企業(鉄の添加剤などの製造会社)が工場として使っています。休日でしたが現地へ行くとちょうど関係者が帰るところだったので、お願いして敷地内の建物周囲を見学させて頂きました。煉瓦の建物が丸々残っているのではなく、部分的に残っているようで、写真の壁以外はほとんどがスレートになっています。全体をくまなく見た訳ではないのですが、他は2か所にわずかに煉瓦の壁を見ることしかできませんでした。写真の煉瓦壁は敷地外の青果市場側からよく見えます。
日窒カーバイト工場
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

旭化成工業薬品工場

最近、宮崎県延岡市にある旭化成工業薬品工場に取材へ行きました。この工場は大正12年に日本窒素肥料株式会社の延岡工場として建てられたもので、当時世界初のカザレー式アンモニア製造の実用化に成功したことでも知られています。工場敷地内に当時のアンモニア合成塔などが記念碑として保存されているのが有名ですが、実はそのほかにも大正12年当時の建物も多く現存しています。写真は当時からある工場建屋の一部ですが、柱部分が煉瓦で壁部分がコンクリートの造りになっています。
旭化成工業薬品工場
遺産探訪/工場・電力関連 | permalink | comments(12) | trackbacks(0)
<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
九州ヘリテージいち押し!
肥薩線の近代化遺産
肥薩線の近代化遺産
熊本産業遺産研究会
雑記帳でも紹介しています。
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール
購 読
RECOMMEND
廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産 (JUGEMレビュー »)
小林 伸一郎,栗原 亨,酒井 竜次,鹿取 茂雄.他
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101 (JUGEMレビュー »)
砂田 光紀,国土交通省九州運輸局,九州産業・生活遺産調査委員会